「母親との関係があらゆる人間関係に影響~」境界線セミナーご感想 | たましいの呼吸 kee ブログ

たましいの呼吸 kee ブログ

渋谷区 代々木上原・代々木公園駅。心理セラピー&カウンセリングセッションと心理セミナーを提供しています。インテグレイテッド心理学をベースに、潜在意識への問いかけとセラピーをおこないます。心地よく、自分らしく生きたい全ての方へ♪


テーマ:
「母親との関係があらゆる人間関係に影響~」境界線セミナー


今回のセミナーでは、


・境界線て??
・越えると、越えられるとどうなる?
・どうして作られるの?
・自分はどういう反応をしがち?チェックリスト
・じゃあ、どうすれば良いの?



ということをお話しましたが、Rさんの
「母親との関係があらゆる人間関係に
影響していることが悩みで参加。」
という目的にも当てはまるのが境界線です。


心のしくみの部分でお伝えしたことですが、
私たちは一番小さな集団の単位である”家族”の中で
自分の基礎や生きていく上でのルールを作ります。
それはポジティブだったり、ネガティブだったり、どちらもです。


そして、その自分のルールを基盤に他者との関係も作ります。


それは、「引っ込みがち」「壁を作る」
「打ち解けやすい」「信じやすい」「とりあえず疑う」
など、いろいろなパターンになります。
そしてパターンも一つではなく、相手や状況、
自分のコンディションでいろいろなバージョン
(いろいろな私)が出てきます。


この人への(無意識の)反応パターンが
親子関係の中で作られる、ということです。


このパターンを見ていくには、セミナーだけだと
難しい部分もありますが、少なくとも
「どういうことが起こっているか。」を客観的に見ることで、
無自覚に反応する、ということは減ってくるはずです。


その小さな変化が大きな変化への第一歩です。
どうぞ、ご自分の心の声に寄り添いながら
「私の反応しやすパターン、あるな。いつからできたかな?」を
見てみてくださいね。


※どのようなケースもそうですが、頭でわかっても
すぐに解消できないのが、マインドとエゴのパワーです。
セルフワークをしても進まないときは、
ぜひセッションを受けてみてくださいね。



Rさん
●今回ご参加されようと思った理由。

母親との関係が、自分のあらゆる人間関係に影響していることが悩みで参加しました。


●セミナーを終えて、残っている言葉、学んだこと、気づきなど。

親が境界線を越えるだけじゃなくて、自分が、境界線を越えているのがわかった。
それぞれの領域があるのを知れたことは、心が軽くなった。


●明日からやってみよう、生かそうと思うこと。

境界線と、領域があることを常に意識したい。

Rさん ありがとうございました!

半澤 久恵(kee)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります