「一呼吸おいて、自分を客観的にみる」境界線セミナーのご感想。 | たましいの呼吸 kee ブログ

たましいの呼吸 kee ブログ

渋谷区 代々木上原・代々木公園駅。心理セラピー&カウンセリングセッションと心理セミナーを提供しています。インテグレイテッド心理学をベースに、潜在意識への問いかけとセラピーをおこないます。心地よく、自分らしく生きたい全ての方へ♪


テーマ:

「一呼吸おいて、自分を客観的にみる」境界線セミナーのご感想。


「つい、自分の前に人を優先させてしまう。」とおしゃっていたMさん。
まず”境界線”や”領域”のことを理解され、
そこを意識してからの生活はずいぶん変化があるかと思います。


「どうしよう、こう言ったら相手はこう思うかも。」
「私が○○しないと、相手は▽▽と感じるかも。。。と
思いがちな方は、まずは
「一呼吸おいて、自分を客観的に見る」というこを
お試しくださいね。

『その気持ちに、最終的な責任を取れるのは、誰だろう?』
を見てみます。(領域の話。)

どんなに気を使って言葉を選んでも、
相手が怒る、傷つく、は相手次第。

どこまで、そして、どんな言い方をすれば、相手は納得するでしょう?

それにキリはあるでしょうか。

逆に、「相手の気持ちは相手次第!だから しーらない!」
というのも、気持ちはよいですか??(^^)

境界線は見えないもの、そして、これ、という基準のないものです。
相手や状況によっても変わります。

ですので、いつでも
「私は、どうしたい?今、何ができるかな、したいかな。」という
ハート基準に戻って選んでみてくださいね♪


Mさん

●今回ご参加されようと思った理由。

親との関係が苦しかったのでラクになりたかった。


●セミナーを終えて、残っている言葉、学んだこと、気づきなど。

「境界線を超えられているOR超えている」と気付くことが第一歩なんだと感じました。

●明日からやってみよう、生かそうと思うこと。

一呼吸おいて、自分を客観的に見ることにチャレンジしてみようと思います。



Mさん ありがとうございました!


半澤 久恵(kee)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります