扱うのは精油というのは一緒。 精油の危険性は一緒。 精油の成分も大事。人の身体はもっと大事。 | 資格をとっただけで終わらせない!楽しくて笑顔が集まるアロマ教室

資格をとっただけで終わらせない!楽しくて笑顔が集まるアロマ教室

アロマの先生歴12年。わかりやすく!楽しく!をモットーに、「アロマでこんなことができるようになりたいなー」を実現するお手伝いをしています。横浜市青葉区ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)認定校。同協会アロマ・トレーナー。


テーマ:
 
● 扱うのは精油というのは一緒。 精油の危険性は一緒。 精油の成分も大事。人の身体はもっと大事。

 

 

なにげなーくアメブロ巡回してたら、

セミナー参加メンバーさんが感想をアップしてくれてました!

 

 

アリガトウゴザイマス♡

 

 

 

 

こんばんは。

資格を取っただけで終わらせないアロマの先生小池まゆみです。

 

 

リハビリの世界にも『流派』みたいなものはたーっくさん存在します。協会(研究会という言い方が多いかな?)も沢山あります。

 

〇〇法  〇〇法  という感じで。

 

私も『ボバース法』という手技を本土に行って学び、『日本ボバース研究会』という会に所属していました。これは国際的な協会です。

 

リハビリの学校で習うのは基本中の基本。

 

その後のリハビリ技術は就職後にそれぞれが自分に合った手技を極めていくんです。

 

もちろん、手技にこだわらずに自己流で極めて行く療法士もいます。それも全然間違いでもなんでもないです。

 

まず、リハビリの世界には『絶対的な正解』というものがありません。

相手は人の身体。個々人違うのが当たり前なのです。

 

でも・・・・

 

患者さんにとっては担当した療法士が『〇〇法』を習った人だから・・・とは考えないですよね。

リハビリの手技についてかなり詳しい患者さんは考えるかも知れませんが。

 

リハビリ技術を伝えているいくつかの研究会の先生たちと話して感じたこと。

 

上に行けば行くほど、他の手技を否定するようなことは決して言わないです。

 

『患者様にどのような反応を出したいのか。向かう方向は一緒。その方法が違うだけ』という言葉を直接言われたことがあります。

 

イギリス式アロマとフランス式アロマも一緒だな~と。

 

扱うのは精油というのは一緒。 精油の危険性は一緒。 精油の成分も大事。人の身体はもっと大事。

 

でも、得意分野は確かに違う。 だからお互いいいところを学び合って取り入れていけばいいんだ☆

 

 

 

もーーーーう、ものすっごく共感っ!!!

 

画面の前で頷きまくりましたっ!!!!!

 

 

 

 

石川さん、ありがとうございます ^ ^

 

 

沖縄で再会できる日を楽しみにしています♡

 
 
 
 
 
 

+++++++++++++++

 

【お知らせ】

 

7月28日(土)

精油成分おさらい講座1日集中クラス@港区

 

6月26日(火)より先行募集スタートします。

 

詳細はこちらでご覧いただけます

 

+++++++++++++++

 

 

 

 

【こいまゆ的精油事典】

noteにて更新中です

 

 

 

 

 

◯ブログには書かないマニアックネタ

◯アロマのお仕事に役立つ情報

◯資格を取っただけで終わらせないコツ

無料メルマガでお届けしています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資格を取っただけで終わらせない!楽しくて笑顔が集まるアロマ教室アロマテラピースクールaroaroma(アロアロマ) 横浜市青葉区荏子田3-1-1-2階 東急田園都市線/横浜市営地下鉄線「あざみ野駅」からバス5分 ●受講生さんの声お問合せはこちらから

小池まゆみ 資格を取っただけで終わらせないアロマの先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント