皮膚トラブルには精油よりハーブウォーターや植物油をおすすめしています | 資格をとっただけで終わらせない!楽しくて笑顔が集まるアロマ教室

資格をとっただけで終わらせない!楽しくて笑顔が集まるアロマ教室

アロマの先生歴12年。わかりやすく!楽しく!をモットーに、「アロマでこんなことができるようになりたいなー」を実現するお手伝いをしています。横浜市青葉区ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)認定校。同協会アロマ・トレーナー。


テーマ:

 

● 皮膚トラブルには精油よりハーブウォーターや植物油をおすすめしています

 

 

 

 

 

こんばんは。

資格をとっただけで終わらせないアロマの先生小池まゆみです。

 

 

今日のアロマ・アドバイザーコースレッスン。

 

 

ハーブウォーターって、とっても便利なのっ!!!を、

あっつーーーーーく、語りました。

 

 

アロマテラピーの主役といえば、もちろん精油。

 

 

でも、ハーブウォーターや植物油ならではの良さがあって、

そこんとこヨロシク、、、じゃなくて(古い笑)

 

 

ハーブウォーターや植物油ならでは良さを、

積極的に取り入れてもらいたいなと思うのです。

 

 

特に皮膚トラブル。

 

 

精油よりハーブウォーターや植物油を使ったケアをおすすめしています

 

 

 

 

皮膚トラブルがある = お肌のバリア機能が低下している

 

 

と、わたしは考えます。

 

 

お肌のバリア機能が低下している = 刺激を受けやすい

 

 

とも考えます。

 

 

精油は有効成分がギュッと濃縮されたもの。

そこそこ皮膚刺激性があるものです。

 

 

なので、

 

 

バリア機能が低下して刺激を受けやすい状態のお肌にとって、

精油は作用や刺激が強すぎる可能性があります

 

 

お肌のために、、、と思ったのに、

精油が刺激になってトラブルを大きくしてしまったら大変。

 

 

そこで、ハーブウォーターや植物油の出番です。

 

 

 

 

ハーブウォーターにも精油成分は含まれるけれど、

1%にも満たないくらい微量なもの。

 

 

精油と比べたら、お肌への刺激性は断然低い。

 

 

植物油については皮膚刺激があるものって、、、

聞いたことがありません。

 

 

あ、酸化して変質してしまったものは話が別ですけど。

 

 

かゆみを鎮めたり、炎症をやわらげたり。

抗菌作用や抗真菌作用が期待できるハーブウォーターがあります。

 

 

保湿効果やエモリエント効果があったり。

昔から荒れた皮膚のケアに使われてきた植物油もあります。

 

 

皮膚トラブルが起きている、

バリア機能が低下して刺激を受けやすくなってるお肌には。

 

 

こういった、刺激性が低いものを使って、

優しく穏やかにケアすることから始めることをおすすめしています。

 

 

なにがなんでも精油!じゃなくて、

お肌の状態を考えて、使うものをチョイスできるといいですね ^ ^

 

 

 

 

とっても便利なハーブウォーターについても学べるアロマ・アドバイザーコース次回定期受講クラスは9月頃にスタート予定。

 

 

講座詳細はこちらをご覧くださいね

 

 

アロマ経験者さん向けのハーブウォーターブラッシュアップ講座も久しぶりに開催しようかなぁ、、、。

 

 

 

 

 

【6月30日土曜】

苛性ソーダを使った本格的な石けんづくりワークショップ開催します。

詳細はこちらをご覧くださいね

 
 
 
 

【こいまゆ的精油事典】

noteにて更新中です

 

 

 

 

 

◯ブログには書かないマニアックネタ

◯アロマのお仕事に役立つ情報

◯資格を取っただけで終わらせないコツ

無料メルマガでお届けしています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資格を取っただけで終わらせない!楽しくて笑顔が集まるアロマ教室アロマテラピースクールaroaroma(アロアロマ) 横浜市青葉区荏子田3-1-1-2階 東急田園都市線/横浜市営地下鉄線「あざみ野駅」からバス5分 ●受講生さんの声お問合せはこちらから

小池まゆみ 資格を取っただけで終わらせないアロマの先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント