こんにちは☆月末もしょっちゅう来る晶です♪

 

☆☆ 今日の暦 ☆☆

 

13の月の暦:共振の月 26日

ツォルキン:KIN102(白いスペクトルの風)

銀河の音:11

太陰太陽暦:師走 卅日

グレゴリオ暦:2019年 2月 4日(立春)

 

≪Keywords≫

Spectral:Liberation, Dissolve, Release
White Wind:Spirit, Communicates, Breath

Original Copyright © 1990 José & Lloydine Arguelles

 
グレゴリオ暦と13の月の暦の月末があるので
しょっちゅう「○月が終わったわ~」と思ってますw
 
 
さて。暦が大好きな私。
でも記憶力はイマイチなので(汗
二十四節気も雑節も毎回ググってるし
(ググるから忘れると言う噂も…)
 
暦というよりは占いか?
六曜や四柱推命(私は丁巳)、九星(私は五黄土星)
も興味はあるけど手が回らず。
 
陰陽六行も、バイオリズムも
読めるようになりたいなと思うけど
これまた手が回らず。
 
で、今日は二十四節気で「立春」
陰陽道(陰陽六行)でも九星でも四柱推命でも
新年は立春からとされています。
 
二十四節気はあまり現実の季節感と一致しないので
「二十四節気は旧暦のものだからね」
と思ってる人が多いのですがこれは間違いで、
二十四節気は太陽の運行に合わせて定められているので
完全なる太陽暦と言えます。
 
ちなみに旧暦=太陰太陽暦は
太陰暦(月の運行)だけだと季節がずれていくので
太陽暦(太陽の運行)をプラスして閏月(13月)を作り
月名と季節がズレないようにした暦です。
 
グレゴリオ暦は太陽暦を元に各時代の権力者が
「今月はオレの誕生月だから1日増やそう」
等しながら勝手に改変していった変な暦です。
 
ではなぜ完全なる太陽暦である二十四節気が
季節感と合わないのか?
これは二十四節気が中国で作られたものだからのようです。
 
日本みたいな小さな国でも国内で季節感の違いがあるのに
中国と日本ほど離れていたら当然季節感はズレますよね(笑)
 
あとは先述の通り、
二十四節気は太陽の運行に合わせて=天文学的に
決められたので
そもそも「季節感」は考慮していない
という側面もあるようです。
 
ちなみに今日は二十四節気で新年ですが
明日は太陰太陽暦で新年です(笑)
太陰太陽暦の1日(朔日)=新月なので明日は新月。
 
新月になる瞬間は6時4分ですので
新月のデクラレーションをされる方は
6時4分から8時間以内にお願いごとをしてくださいね。
(願い事を考え始めるのも新月に入ってからがベストです)
 
8時間以内がベターではありますが
48時間以内なら新月のエネルギーがあるので大丈夫☆
ただし、今回は6日の9時~11時3分までが
ボイドタイムなのでこの時間は避けてくださいね。

 

今日も最後までお付き合いいただき

ありがとうございましたm(__)m

 

晶より友愛を込めて

 

☆…━━・:*☆ お知らせ *☆…━━・:*☆

 

 ■ ご提供中のメニュー

 ■ ご依頼・お問い合わせメール

 

 ■ Armatusホームページ