あなたは、iPhoneのバックアップを何でとっていらっしゃいますか…??

iPhoneのバックアップの方法には2種類ありまして、「iTunes(パソコン)でとる方法」と「iCloud(携帯)でとる方法」があります(o´罒`o)

実は、iTunesでとるかiCloudでとるかでバックアップとれるものは変わってくるので、今回はその内容を説明していきたいと思いますι(`・-・´)/




まず、iCloudでバックアップをとる場合
バックアップ取れるもの
・音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
・iOSデバイスの写真とビデオ
・デバイス設定
・Appデータ
・ホーム画面とAppの配置
・iMessage、テキスト(SMS)、MMSメッセージ
・着信音
・Visual Voicemailのパスワード
・動作状態データ
・ホームキット構成
・iTunes in the Cloud およびApp Storeのコンテンツ

因みに
・iTunesStore または Apple Storeから入手したコンテンツ、またはbooksに直接ダウンロードしたPDF(このコンテンツはiTunesで「購入した項目を転送」を使ってバックアップが可能です。
・iTunesから同期したコンテンツ(読み込んだMP3やCD、ビデオ、ブック、写真など
・クラウド(マイフォトストリーム、iCloud、フォトライブラリなど、既に保存されている写真)
・TouchIDの設定内容
・Apple Payの設定と情報内容
・アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ(これらをバックアップするためには、iTunesでバックアップを暗号化する必要があります)






iTunesでバックアップをとる場合
・カメラロールの写真と動画
・連絡先
・カレンダー、Safari、マップ、メモ、メールあかうんと、通話履歴、メッセージ、ボイスメモなどのAppデータ
・ネットワーク設定
・iTunesやApp Storeから購入したもの、iBooksに直接ダウンロードしたPDF
・アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのでーた
・Appで購入したAppのデータ
・Appの設定、環境設定、書類とデータ
・App内で購入したもの
・ホーム画面とAppの配置     とう

iTunesだとほとんどのものが引き継げます( ・ㅂ・)و ̑̑


まだまだバックアップをとっていない方、
これを機にバックアップをとることを考えてみてはいかがでしょうか??