昨日投稿した「霊界ナビトレーニング」のステップ2です☺️


🦋🦋🦋🦋🦋


エネルギーを頼りに神社までたどり着けるようになったら、

その流れや範囲をより正確に感じる練習をしましょう🔮


比較的簡単に感知できるのが、「表参道」へと向かうエネルギーの流れです。


神社や寺院に向かう道を参道と呼びますが、

このうち正面の道、つまり最も正式な入口を表参道と呼びます。

表参道は門前町が発展して、商店街や大通りになっていることも多いです。


表参道は、神域と外界をつなぐ最も太い通路です。

そのため、神域から表参道に沿って大きなエネルギーが流れています。


ステップ1の霊界トレーニングに慣れてきたら、この表参道のエネルギーを感じてみましょう👌


🦋🦋🦋🦋🦋


一番感じやすいのは、境内から徒歩1分圏内の神社周辺です。


そのあたりをうろうろしながら、場所によってエネルギーの流れ方が違うのを感じてみてください。⚡️


分からなくなってしまったら、境内に入って正面の参道と境内の他の場所との感覚を比べてみてください。

それからまた外に出てうろうろ…すると、少し感じやすくなるかも?



注意すべきは、「現在の表参道が正式な表参道とは限らない」ということです。


神社によっては、移転や移築のために、本来の表参道ではない方向から神社に入るようになっている場合があります💦


感じているエネルギーの流れと、実際の表参道の位置が違うな?と思ったら、

その神社の歴史を調べてみると、移転や移築の記録が出てきて、理由が解明されることもあります。


自分の感覚が証明されたら、とても興奮しますので、

ちょっと手間はかかりますが調べるのも楽しいです🥰


🦋🦋🦋🦋🦋


このトレーニングでは、「土地にはしるエネルギーの方向と強さを見極める」方法を身に着ける事になります。


すると、近くにある神社同士がどのような関係にあるかも読み取れるようになってきます🤔



例えば、以前記事に書いた秩父今宮神社と秩父神社に参拝したときです。


秩父今宮神社の泉から、秩父神社の方角に向けて太くエネルギーが繋がっていました⚡️


なにか、深い関係があるみたい…?と考えていると、

秩父神社の神様が、龍神に協力を請い、龍神を使役している場面がみえました🐉

(眷属のように付き従う形ではありません。あくまで独立して存在している龍神に、たまに力を貸してもらう契約をしているみたいです。)


調べたところ、秩父今宮神社では、「水分神事」という神事が行われているということでした🚰



「水分(みくまり)神事は、秩父神社でおこなわれる御田植神事に先立ち、龍神池の御神水を授与する神事。

秩父神社から神官、伶人、神部(農業の代表者)たちからなる御神幸行列が当社を訪れ、「水乞い」を行う。

当社の宮司から秩父神社に、当社の龍神の御分霊を『水幣(みずぬさ)』(八大龍王神の御神徳)として授ける。

秩父神社は、この水幣を奉斎して秩父神社に持ち帰る。」



まさに、感じたエネルギー的つながりを証明するような神事ですね😳


近くにある神社同士は、協力したり分担したりで、それぞれの役割を果たしていることが多いようです。


近くにいくつか神社があって、どれが氏神様か分からない!という時も

それぞれの神域のエネルギーが及んでいる範囲を感知することで、氏神様を見分けることもできます。


更には、引越しをする時に

「この部屋はあの方角からの良いエネルギーが流れてきている…」

「ここは良くないエネルギーが溜まってしまう場所だな…」などと、分かるようになったり


いろいろな応用がききますので、是非習得してみてくださいね💕


疑わず、ひらめきをパッとつかむように、直感の声に従うことで、

思ってもいなかったほど沢山のことが察知できるものですよ🔮


🦋🦋🦋🦋🦋


2回に渡って紹介したトレーニングでしたが、いかがでしたでしょうか?

私は幼少期よりこのような感覚を自然と使って生活してきました。


感覚的に神社の仕組みが「分かる」と、参拝するにも入ってくる情報量が桁違いになります💝


皆様が楽しい参拝をできますよう、心からお祈りしております⛩⛩⛩✨



✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦

占いとカウンセリングのサロン「箱舟」

霊視・透視・占いによるサイキックカウンセリングの詳細・ご予約はウェブサイトをご覧下さい🦋

https://ark-miyoshi.wixsite.com/miyoshi