関東は今日まで寒さが続いているようで・・・。

 

3月も今日を入れてあと5日しかないというのに、おかしな天気です。

 

しかも東京は数日前に桜の開花宣言をしたというのに。

 

こちら広島(西条)も天気雨になったりしています。

 

体調管理には気を付けましょう。

 

 

さて、今日の話題ですが、実は3年前(このブログを始めて間もない頃)に

 

ある商品の紹介をしております。

 

http://ameblo.jp/aritaseikou/entry-11798040154.html

 

お米に関連する現場で糠などから発生する虫を防ぐための『米どろぼう』・・・・。

 

 

 

 

あ、間違えた。『虫どろぼう』だった。(お客様からの御注文でもたまに言い間違え

 

られることがあるんですよ。)

 

この『虫どろぼう』の姉妹商品として、  『夜ミスト』  という商品が

 

あります。

 

 

なかなかシックな色合いでしょう。

 

おそらく夜をイメージしたものと思われます。(管理人の勝手な憶測です)

 

キャップを外すと、

 

夜ミスト

 

霧(ミスト)が噴霧される仕組みになっています。

 

                                (メーカーホームページより抜粋)

 

噴霧されるミストの成分は主に「ニーム」の抽出油であり、約200種の虫を寄せ付け

 

ない効果があります。「ニームの木」は『奇跡の木』とも言われているそうです。

 

この臭いが充満するとネズミが忌避(逃げる)してしまいます。メカニズムとしては、

 

ネズミは習性として自分の臭いを頼りにいつも同じ道を行動しています(マーキング)。

 

ニームの臭いはネズミの臭いをかき消す効果があるため、ネズミは行動ができなくなって

 

しまい、居づらくなって逃げてしまうのです。

 

 

また、噴霧されたミストが床に付着しているため、侵入したネズミの体にくっつきます。

 

嗅覚に優れたネズミはこういったことも嫌がるのです。さらにネズミは齧歯目(げっしもく)に

 

分類されており、歯が伸び続けるため常に物をかじって歯を削らなければなりません。

 

ミストが付着した柱などをかじってしまうものなら、もっとネズミは嫌がるでしょう。

 

ミストは約2週間残留し、人間が手で触った程度では分からないくらい僅かな量です。

 

 

こうして、ネズミは居場所を失って逃げていくのです。

 

え?、2週間経ったらニームの臭いがしなくなるのでネズミが戻ってくるんじゃないかって?

 

そうです。ネズミが戻る可能性も十分考えられます。

 

じゃぁ、また『夜ミスト』を使って下さい。とは言いません。

 

この『夜ミスト』。1本5,000円(消費税別途)します。2週間ごとに5,000円費用が

 

掛かってしまうのなら、かなりのコスト高となってしまいます。いくら効果があるとはいえ、

 

使用者にとっては痛手となるでしょう。

 

そこで、『虫どろぼう』の出番です。

 

出ていったネズミが戻ってしまわないためにも、ネズミの通り道に『虫どろぼう』を

 

仕掛けるのです。『虫どろぼう』は一度使うと、ニームの臭いが約60日間継続されるため

 

ネズミが定住しにくくなる働きがあります。こちらは1個2,200円(消費税別途)なので

 

かなり割安なコストと言えます。

 

『虫どろぼう』については、是非ホームページをご覧ください。

 

http://aritaseikou.jp/bouchu.html

 

 

ネズミ被害は米だけに特化されず、食品を扱っている業界においては共通の問題です。

 

御興味を持たれた方は是非ともお問い合わせ下さいませ。

 

今なら下に写っている特別仕様の『夜ミスト』を購入することができます。

 

 

嘘です。単純に白黒反転にて撮影しただけです。黒しかありませんにひひ

 

 

 

 

 

 

 

Kame ねずみ バツレッド ねずみ バツレッド

 

オマケ:『虫どろぼう』つながりで一言。広島には焼肉のタレで『肉どろぼう』というものが

 

あります。子供の頃、焼肉のタレは『肉どろぼう』しかないと思っていました。

 

ちなみににそのメーカーのホームページはこちらです。

 

https://www.asamurasaki.co.jp/

AD