詞「コード」 | 有沢祐輔の「空虚ノスタルジア」

有沢祐輔の「空虚ノスタルジア」

オリジナルの詩や小説を更新しているアマチュア作家のブログです。


テーマ:

 

 

 

知らぬ間に縺れるコードみたいに

僕らってまだ気を抜けない関係

 

さり気なく匂わせる「彼」に狂いが生じても

そもそも実在か幻かさえ判別出来ない

 

くだらない嘘に付き合うのは真っ平御免さ

だけど 君の嘘は裏の裏のまた裏があるような香り

 

毒々しい妖艶な笑みに抗う僕のポーカーフェイス

そろそろ限界だってのに君はまだ切り札を残す

 

それでも 誰も暴けない正体なら暴きたい

「男ってバカね」みたいな吐息を潜めていても

縺れたコードは 君の領域だけに矛先を向ける

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

有沢祐輔さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス