詞「微睡みの加害者」 | 有沢祐輔の「空虚ノスタルジア」

有沢祐輔の「空虚ノスタルジア」

オリジナルの詩や小説を更新しているアマチュア作家のブログです。


テーマ:

 

 

 

 

朝に微睡む視界に映るのは

姿無き声の羅列

塞ぎ方はすっかり忘れてしまった

 

植え付けの正しさも束になれば

間違いを疑わない無数の声に馴染む

 

だけど 僕の何気ない声が君への凶器と化したなら

君の何気ない言葉が鋭利な刃物と化したように

加害者と被害者の顔を同じように併せ持つのだろう

非難の資格など僕にも君にもありゃしない

 

微かな呟きは 僕の中の枷となる

それでも朝はいつだって朝に現れるから

微かな呟きを また胸にしまい 歩き出す

 

見ないフリも加害者かな とか思いながら 

はぐれてしまわないように群衆に呑まれる僕ら

 

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

有沢祐輔さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。