詞「空を仰ぐ」 | 有沢祐輔の「空虚ノスタルジア」

有沢祐輔の「空虚ノスタルジア」

オリジナルの詩や小説を更新しているアマチュア作家のブログです。


テーマ:

 

 

 

この道の先に新しい景色があるなんてこと

期待するだけ無駄だと思ってた

 

この道の先に誰かの道が繋がるなんてこと

夢見人の戯言にしか聞こえなかった

 

幼気に空を仰ぐ君に最初は辟易したけど

いつしかそのひたむきな姿勢に

頑丈な筈の僕の扉は開くことを望んだ

 

人生はチョコレートの箱だって

フォレストガンプの台詞を吐く君に

今なら頷けるような気がする

 

思いがけないアクシデントさえ

必要なスパイスだと捉える

そんな能天気さを愛する僕も

能天気に空を仰ぐのさ

 

 

 

 

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

有沢祐輔さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス