Here,there and everywhere (Beatles) | 洋蟻の洋楽和訳日記

洋蟻の洋楽和訳日記

毎日その日の気分の曲を載っけてます

大半Beatlesです

歌詞、和訳も載せていますー


テーマ:


今日の気分は Here,There and Everywhere

私の大好きなアルバム Revolverの5曲目ですね

ビートルズも中期になっているからか 初期のラブソングとは少し雰囲気が違うんですよねー



To lead a better life
より幸せな人生にする為に

I need my love to be here
僕の愛する人に、傍にいて欲しいんだ


Here, making each day the year
ここで一緒に 一日一日を過ごして行く

Changing my life with a wave of her hand
彼女の一挙一動足が 僕の人生を変えるんだ

Nobody can deny that there's something there
誰も僕らの間に生まれた不思議な力を否定できない


There, running my hands through her hair
あそこで 僕の手を彼女の髪に通し

Both of us thinking how good it can be
一緒になって これからの幸せな生活を考えるんだ

Someone is speaking but she doesn't know he's there
誰かが話しかけたって 彼女は気づきもしないのさ


I want her everywhere
どこにだって 彼女にいて欲しい

And if she's beside me, I know I need never care
彼女がいてくれれば 何も心配はいらないよ

But to love her is to need her everywhere
彼女を愛してるっていうことは 彼女がどこででも必要だってこと

Knowing that love is to share
愛は分かち合うものだって 知ることと一緒なんだよ

Each one believing that love never dies
僕らはどっちも 愛は永遠だって信じてる

Watching her eyes and hoping I'm always there
彼女の瞳を覗き込みながら いつもこの瞳にありたいと思った


I will be there and everywhere
どこでだって 僕は君の傍にいる

Here, there and everywhere
ここでだって そこでだって そう どこでだって




やはり純粋なラブソングですが 

相手が 初期はYOU つまり二人称だったのに対し

中期はHER つまり三人称に変化していますね

それによって少し自分を客観的に見つめている感がします

作詞のポールの進化なんでしょうかねこれは

彼は最後まで純粋なラブソングを貫いていたイメージがありましたが

その一貫した中にも、彼なりの変化があったのかもしれません





洋蟻さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス