受け継がれるもの

テーマ:

こんにちは。

みんなの生きる力を応援するコミュニケーショントレーナー ありなみんです。

 

お仕事でコンサルティングをしているクライアントの社長にお誘いいただき、狂言の舞台を見てきました。

人生2度目、30年ぶりの狂言でしたが、すてきな時間を過ごすことができました。

 

 

歌舞伎と違って話す言葉が比較的入ってきやすく、筋がよく理解できるし、筋もシンプル。

笑えるところがたくさんあって、楽しめました。

 

狂言師は茂山忠三郎さんという若手気鋭の方。

演目の前にトークショーのように話されて場を和ませるのが素晴らしいと思いました。

 

そして、今回は4歳の息子さんに狂言の稽古をつける様子を、舞台の上で公開。

子どもの素直さが心を和ませてくれました。

 

そして、歌舞伎など古典芸能の世界ではみな、こうやって、代々受け継いでいくのだなあと思いました。

なかなか見ることのできない貴重な場面を見せてくださったことに感謝です。