今年の2月の暴落(VIXショック)の時、どのように対処しましたか?

心の持ちようは?などのご質問をいくつかいただいたので、

私の経験や、感じたことなどを書いてみたいと思います。

 

 

 

 

市場に参加していたら、必ずどこかで暴落を経験することになります。

 

 

 

暴落などで安くなったところを買うことができればいいのですが、底がどこか分からないし、市場に参加していれば多少なりともポジションはあるもの。

 

 

 

 

私の場合は、暴落が起こる前はキャッシュポジションも多く余裕があったのですが、

暴落のはじめから買い始めてしまったために苦しくなりました。

 

 

 

下がりすぎだ!と思って買いに入って、そっから更に3倍下げが来た感じ(笑)

プラス決算シーズンだったこともあり、決算が良くなかったものは恐ろしく下げた..

 

 

 

結果、数日で200万近いマイナスに...叫び叫び

(決済したものもあれば、含み損のものもあり)

 

 

 

 

この辺まではスクショとる元気があったんだけど、マイナスが100万超えたあたりから精神的にそんな元気はなくなった(笑)← 今だから笑えるけど当時は悲壮叫び

 

 

 

 

改めて、ポジション管理が大切ということを感じました。

 

 

 

≪関連記事≫

株はポジション管理が大切。

 

 

 

精神的に余裕のあるポジションであれば、マイナスになっても戻りで売ろうとか、業績が良いものは買い増そうとか考えられる。

 

 

 

けど、余裕がないポジションの状態であれば、

「とりあえず売ってラクになりたい」とか思ってしまうもの。

 

 

 

やっぱり、口座内の半分はキャッシュポジにしておく等、

今後もポジション管理は徹底したいと感じました。

 

 

 

 

 

そして、ポジションを整理したあとは、少し相場を休んだ。

 

「休むも相場」これができるのが個人投資家の強みでもあります。

 

 

 

≪関連記事≫ 

嫌な気分を投資しちゃう..そんなときは休むも相場。

 

 

 

 

「損した!」という良くない精神状態のまま売買を続けてしまうと、

「損」にフォーカスしているため、さらなる損失を招く可能性が高い。

 

 

 

だから、いったん相場から離れて、

「損」にマインドを投資してしまう状態をリセットすることが大事だと思いました。

 

 

 

 

 

そして、損して落ち込んでいたときに

「今日買った分だけで100万マイナスなったわ..」と妹に話していたら。

 

 

 

株に全然詳しくない妹からのアドバイスがこれでした。

 

「100万損した~って思うってことは、お姉ちゃんにとって100万が大きい額って思ってるってことじゃないの?100万なんてすぐ稼げるって思うことが大事なんちゃう?」

 

 

 

 

なるほど!!!と腑に落ちた。

 

 

 

100万を1000万を、簡単に稼げると思えなければ、そうなるはずない。

逆に、簡単に稼げると思えば、簡単に稼げるはず。

 

 

 

やっぱり、マインドの問題だったのね。

 

 

 

 

 

そうやって、相場に対してニュートラルな気持ちに戻してから、

数十万の利益をコツコツ重ねて、暴落時の損失をカバーしました。

 

 

 

 

 

そして今改めて思うことは、損もエネルギーの交換であるということ。

 

 

 

≪関連記事≫

投資で大きな利益を得るには...「損=悪」という考え方を捨てる

 

 

 

「損失」という結果になったけれど、かわりに私は「経験」「学び」を得た。

 

 

 

株で損したときは、「勉強代」と思うようにしています^^!

 

 

 

 

今日は妹が遊びに来てくれました♪

 

妹が初めて買った優待株も順調に上がっているようで、

「株って面白いなぁ」と言っていました^^

 

≪関連記事≫

妹たち、初めての株式投資。優待株を買う。

 

 

 

 

今日のおやつに買ったマールブランシュのこのケーキ。

 

妹もすっごく気に入ってくれて、とっても美味しかった!!♡

 

 

 

 

今日は株式投資のお話でしたきら5

今日もお読みいただきありがとうございましたハートハート