結果をイメージすること

テーマ:

先日は、少年団の試合引率で
いちき串木野市へ行ってきました









結果は…





女子団体戦、準優勝✨

男子団体戦、第3位!

個人戦、第3位!
(男子・女子共に1ペアずつ)





男女共に素晴らしい結果でした👏






今回は男子の試合に初めて
コーチとしてベンチに入ることが出来たのですが、





男子は男子の面白さがありました






↑我が家の男子👦





誰だって
褒められたい欲求はあります




大人でもそうだと思います





でも男の子は特に
それがわかりやすいなぁと。




試合中にプラスの言葉がけを
意識してかけてあげると、




調子が乗ってきて
その子らしいプレーが発揮出来る✨







あることも試してみました






それは試合中。
チェンジサイドでベンチに戻って来た時、





目をつぶってごらん?

イメージしてみて

『賞状、〇〇・〇〇ペア』

表彰式で自分の名前が呼ばれる…

そして、賞状を受け取るイメージ

。。。


目を開けていいよ

どう?イメージ出来た?





「うん」と頷きコートに戻った2人。





どうなったと思います?




今まで山なりのボールだったのが、




ネット際スレスレの
勢いあるボールに変わったんです!




2人のその変化に、
応援席から歓声が上がるほどでした✨






結果をイメージすること






人は、イメージ出来ないことは
叶えることが出来ないそうです




イメージ出来ないと言うことは、




思いが弱い



または、



本当にそれを叶えたいと思っていないか。





逆に、思いが強ければ
叶えたときの自分をイメージ出来る









最後に勝つのは思いです




強い思いがあれば
何でも実現できる!





子ども達に伝えていこうと思います