************

(  ・д・) 最近、意外だなと
驚くのは
男性にパニック障害が
増えてることです。


ぴょん吉整体に
「自律神経失調症なんです。」
と訴える男性が来院され

「薬を飲むのがいやなので
整体で治らないものか。」
と、聞かれました。


(  ゜o゜) はい、それは
整体でも改善できますが

ストレスが多そうですね。
原因のストレスを解消しないと
また同じような状態に
戻ってしまいます。

と、お答えしました。


・・・・・・・・

ストレスとは
感情の抑制のこと。

腹が立つことがあっても
悲しい、悔しいことがあっても

その感情が許可されれば
ストレスにはならない。

怒りも涙も、許可されれば
やがて通り過ぎて
いくものだからです。

・・・・・・・・

よくお聞きしてみると
その人は会社で中間管理職を
やっているため
腹が立つことが多いけれど

ここで腹を立てては
うまくいかないと思って
怒りをなだめている
と、言われました。


そこで、
腹が立ってることを
その場で表したくなければ

家に帰ってから
バーチャルで発散して下さい
と、お願いしました。

ところが、それが
充分できなかったのか
数ヵ月後またいらっしゃって

今度は
「ネットで調べてみたら
どうやらパニック障害らしい。」

と言われました。


(  ゜ロ゜) あちゃー・・・
症状が進んじゃったか!

整体に来れば
しばらくは調子いいかも
しれないけど

完治するために
整体だけに頼るなら
感情が出るまで
通ってもらうことになる。
(クンダリーニが上昇するまでね。
これが自然治癒力というもの)

簡単で根本的な解決法としては
自分の感情を
許可してもらうのが
一番手っ取り早い。


世の中には
「怒りをコントロールする法」
が、いっぱいあるけど
それは危険だという話をして

人がいない所で
感情を認めていただくよう
お勧めしました。



喜怒哀楽は人生のドラマに
必ずあるものだから

感情をコントロールしたり
否定したりしなければ
ストレスは無い。

さて、伝わったかなぁ
この人に。


*   *   *


ある時、昔の仕事仲間の
男性(40代)がやって来ました。

自律神経失調症だって。

具体的に、どういう症状が
出るのかは聞かなかったけど

お医者さんにアドバイスされたことを
実行してるんだと
話してくれました。

それは瞑想。

瞑想して、心を落ち着けなさい
というアドバイスだそう。

お医者さんを信頼してる人には
わかってもらえないから
私は黙ってた。


確かに、深い瞑想をすれば
すべては幻であることがわかる。

怒りの原因となった現象も幻。

自分の怒りも幻。

自律神経失調症状も幻。

やがて、恐怖や幻覚や幻聴なども
出てくるかもしれないけど

それも瞑想で
乗り越えられるかな。

ぴょん吉に、
治る方法を聞いてくれてたら
伝えてたよ。



しかし、なんでこんなことに
なったのかと思い出してみたら

この人の奥様も、たまに
整体に来るんだけど

「夫婦喧嘩もしますけれど
『暴力をふるったら離婚だからね!』
って言ってあるんです。笑。」

って言ってたな!

( ゜ロ゜)  そうか。それで
暴力を堪えるだけじゃなく
怒りそのものを
抑えてしまったというわけか!


あれから来ないけど
どうなったかなぁ。


*   *   *


ある時、また頑丈そうな
男性がいらっしゃいました。

うつ病ぎみだと言う。

一番弱い薬を処方されて
飲んでいたけど

ここ一年くらいは
薬を飲まなくてもよくなったから
今は薬は飲んでない。
でも何か体調がおかしいと。

整体したあと

感情は否定しないで
一人でいる時に
しっかり感じて下さいと
お願いしておきました。

怒りを感じる自分を
ダメだと思うと
今度は、うつ病に向かうからね。


それから数ヵ月後
今度は「ソワソワしてしまう」
と言われて来院されました。

(  ?д?) ソワソワって何だ?


こちらに来れないほど
ソワソワしてしまったので
持っていた薬を飲んだ。

それで落ち着いたから
来れたという話でした。

よくよく聞いてみたら
ソワソワとは

なんでもないときに
「どうしよう!? どうしよう!? 」
と、切羽詰まった気持ちに
なるのだという。


(  ゜ロ゜) ありゃ?
もしかしてパニック?

だとしたら、また
気づかないうちに
感情をセーブしてるのかな?


整体のあと、いろいろと
お話しを聞いてみると

「そう言えば結婚してから
妙に体調がおかしくなった
かもしれません。」

と思い出して下さいました。


( ゜o゜) おや、この人も
家庭で感情をセーブしてる
ってことかな?

だとしたら対処法は同じ。

怒りやイライラ感は
一人でいる時に出して下さい。

と言って、ついでに

その時に、力を出すような
動作をするといいですよ。
とアドバイスしました。

つまり、叩いてもいいような
物を叩くとかね。


そしたらこの患者さんは
「ジムに通って力を出す
っていうのは、どうでしょう?」
と言われたので

(; ̄□ ̄)!!あーっ !!
そうかーっ !! そうだよ !!

ジムに行ってください !!

と、ぴょん吉は閃きました。


男女の脳の違いを
考えてみると

男性は元々、力仕事をしたり
外敵と戦って家族を守る
という仕事を担って
生まれてきてるから

事務系の仕事ばかりやって
力を出す機会がないと

脳内ホルモンの調和が
取れなくなってくるんじゃ
ないかと思います。


だとしたら、どこかで
力を出すようなことを
すればいい!

それだけで脳内ホルモンが
正常になって
男性のパニック障害は
防げるんじゃないかな。


*   *   *


そうだとすると
昔の仕事仲間が
自律神経失調症だと
言ってたわけも
わかる気がしました。

その人は、肉体労働大好きで
会社に入ってから
下っぱのうちは
力を使う仕事だったけど

年数が経って出世したら
管理職になって
パソコンばかり見てるような
仕事になったと言ってたもんなー。


(  ゜Д゜) その仲間ね
どんだけ力を出すのが
好きかっていうと

何年か前の夏
まだ肉体労働してた頃

マンションの建築現場で
8階にいたんだって。

そしたら若いヤツが
熱中症になったみたいで
倒れちゃったから

肩にかついで、階段で
8階から降りてきたんだって。

(;゜∇゜)  エレベーター使えよ。

と、ぴょん吉が言ったら
「エレベーターまで遠かったから
階段で降りてきたのさ。
あっはっは!」

だってさ・・・

こんなヤツが
パソコンばっか見てたら
そりゃ自律神経失調するワ!


*   *   *


女性脳の場合は
収穫することで喜びを
感じるようだから

手作業してると
気持ちが落ち着くし
買い物が収穫の代用になる。

収穫した物をかかえるのが
本能的な喜びだから
バッグそのものも好き。


電車の中で
荷物を手放して網棚に乗せるのは
男性が多いけど

それは獲物を家族の前に
「そーら、捕ってきたぞ!」
と手放せる脳なんだろうな。

女性は、荷物を手放さないで
かかえている人が多い。
収穫物の管理をする
脳なんだろな。


( ゜ー゜) 答えは
男性脳と女性脳の
違いにあったな・・・

女性脳だと、
手作業しながらブツブツ言って
不満を認識できるけど

男性脳は、きっと
力仕事が解決させる。


社会が、この先
肉体労働はロボットにやらせて
人間は頭脳労働だけですむ
という未来へ向かっているとしたら
なんだか病気が増えそうに思う。

 
まあ今回は
男性のパニック障害の
原因と解決法が
見えてきてよかった。

あとは、怒りや憎しみや
悔しさや悲しみなどの感情が

悪いことだと
教え込まれなければ

世の中の病気は
もっと減るだろうな。





************