数年前から話題になっているひたち海浜公園のネモフィラ。

 

テレビや雑誌などでもかなり取り上げられているので

 

この時期になると

 

行きたい!!!!

 

という気持ちがぐんとあがるのですが

 

なかなかタイミングを合わせるのが難しかったんですよね。

 

 

ですが、今年はついについに

 

その素敵な青を見ることができましたWハート

 

 

この日は天気も良く、青空とつながって見えるくらいの青!!

 

風が吹くと1つずつのお花が小さく揺れて、まるで妖精みたいなのです。

 

しばらくこの青の中で撮影したり、思い切り風を感じて深呼吸してみたり Happy

 

 

 

間近で見ると

 

青は濃淡いろいろで、中には白いお花も含まれていたりします。

 

 

なんて美しい・・・。

 

 

一輪ずつは小さいのですが、これだけあると圧巻です。

 

 

すぐお隣は、菜の花畑。

 

 

結婚式の撮影をしているカップルもいたりなんかして。

 

ウエディングドレスの白もキラキラ光っていて

 

とっても素敵でした。

 

 

季節ごとにいろんなお花が咲いているそうなので

 

次はまた、違う色を堪能しに来てみたいと思いました。

 

 

 

余談ではありますが

 

帰り道、勝田駅の売店でこんなものを発見!!!

 

 

 

色彩のテキストに、青い色(寒色系)の食べ物は食欲をそそらない・・・・

 

なんてことが書いてありまして

 

「青い色の食材探し」というワークをしたりするのですが

 

実際なかなか見つからないのですよ。

 

これは食材そのものではないですけれど

 

みなさん食欲は・・・そそられるのかな?? べー

 

心の揺れをキャッチする

テーマ:

今年の関東は、突然桜の季節がやってきてしまい、

 

団体でのお花見予定を組んでいらした方は

 

季節外れな会になたケースも多かったのでは・・・。

 

(うちの旦那様はまさにそれ)

 

 

でもやっぱり桜はいいですよねWハート

 

今年は満開を逃したくなくて昼夜合わせて3回もみにいってきました。

 

 

 

 

さて、4月は新しい出会いの季節。

 

3月末にはこのスタートを前に

 

「人間関係に振り回されない、自分軸コミュニケーション」

 

をテーマに「色彩学校」主催のワークショップを担当しました。

 

 

大人も子どもも関係なく、新しい出会いが増えるこの時期は

 

そこでうまくやっていけるのかな・・・という思いで

 

気持ちが不安定になってしまうことがあります。

 

今回は参加者が抱えるいろんなコミュニケーションの悩みをシェアして

 

色で発散!そして自分軸とは何かを考えるワークをじっくりやらせていただきました。

 

 

 

さらに、いつも会っているアトリエの子どもたちの表現を見ていると、

 

春休みあたりからいつもと違う、目を引く色使いが表れていました。

 

画用紙いっぱい真っ黒に塗りたくってみたり・・・。

 

色をあえて着色しない真っ白な表現をしてみたり。

 

ぐるぐるギザギザこんがらがったモチーフもたくさん。

 

 

 

ここで1つ思うことは。

 

気持ちをうまく切り替えることはもちろん大切なのですが

 

それは不安な思いに蓋をして根性で乗り切るということではなく

 

「こんなに不安なんだよ!!」

 

という自分自身をまずは認めてあげることが大切なんだと思います。

 

 

うまく自分をコントロールできない不安をぶちまける場を与えて、

 

その上で大丈夫よ、ちゃんと見てるよって言ってもらえることが

 

前に進める力になるのではないでしょうか。

 

 

 

子どもだけでなく大人も同じです。

 

表面上の役割を演じる自分とは違う、

 

弱い私がここにいるんだよって自分自身が気付いてあげる。

 

それが、自分の心を置いてけぼりにしないことなんだろうなと。

 

それが自分自身であっても、気付いてもらえることが癒しになります。

 

 

 

そして。

 

日々の心の動きをキャッチできるのは

 

定期的に表現する場があるからこそですね。

 

 

子どもだけでなく、大人も!!

 

ご自分の心の定期的なメンテナンスを始めてみてはいかがでしょう。

 

 

atelier plancle~大人も遊べる子供部屋~は

 

現在ご要望をいただいた方と調整しながら

 

ワークショップや個人カウンセリングなどを設定させていただいています。

 

ご興味がある方はいつでもお気軽にご相談くださいね。

 


atelier plancle~大人も遊べる子供部屋~の詳細はこちらまで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近何度か続けて

 

なんだかもやもやするコミュニケーションに触れることがあり

 

ぐっと飲み込んでいたら

 

数日心の元気がなくなってしまいまして。

 

頭の中から離れないのです。

 

 

しかもすべてが直接自分の事ではないのに

 

そのことも自分に当てはめてしまったのでしょうねぇ

 

あれ、引っ張り込まれているなぁと・・・doyon*

 

 

心の元気が落ちている時って体調も崩しがち。

 

どんなにスケジュールがしんどくてもガッツで乗り切る私が

 

本当に久しぶりにダウンしました。

 

 

 

 

もちろん表だって何かがあったとかではないです。

 

その方(たち)にとっては親身になってのアドバイスだったり

 

その方(たち)のこうあってほしいという思いだったり

 

いろいろ絡み合っていたのだと思います。

 

 

 

 

そんな中で、自分軸をしっかり持つために

 

もう一度確認したことがありました。

 

 

 

誰が悪いとかではなく

 

その方(たち)と私の、心の癖の問題ということです。

 

 

 

そもそも!

 

自分のことすらよく分からないのに他人を理解しようとすること

 

自分ですらよく分からないのに他人に分かってもらおうとすること

 

これってとても難しい・・・。

 

 

 

ものごとを見る時は、自分のフィルターを通しています。

 

そこに主観が入るということです。

 

 

社会的立場だったり、弁が立つという意味だったり

 

私たちの身のまわりには家族、恋人、仕事関係や友人関係であっても

 

いろんな影響力を持つ人がいます。

 

 

 

でも

 

その方が自分を本当に100%理解してくれているわけではないという前提で

 

その発する内容を冷静に受け止めないと

 

自分の心の声を無視してしまって、乱されたり振りまわれたり。

 

 

その方との関係がいいものであったり

 

いいものにしていたいとするとなおさら

 

なんでわかってくれないの・・・と悲しくなりませんか。

 

 

そこで相手に合わせて自分に嘘をつき始めたり

 

自分がだめなんだと自己否定してしまったり。

 

 

 

 

自分優位な立場を守ってしまう人には

 

そうなってしまう理由があり、

 

そうなりがちな自分の癖を知ることで人とのコミュニケーションを変えられる。

 

 

 

 

自己肯定感が低い人には

 

そうなってしまった理由があり

 

そうなりがちな自分の癖を知ることで人とのコミュニケーションを変えられる。

 

 

 

この両方が、それぞれ自分の癖を受け入れないまま

 

上下関係を続けていっても

 

よりよい関係ができるどころか

 

ひたすらお互い都合のよい役割を演じ続けているだけ。

 

 

 

でも、ここで相手を変えようとしても仕方ないのです。

 

まずは自分が自分の癖を知り

 

そんな自分を受け入れた上で、

 

じゃあそんな自分は今、ここでどうしたいの?ってことなのです。

 

 

 

ここに書いたのはほんの一例ですけれど

 

いろんな心の癖があると思います。

 

 

 

カラーセラピーやTAに関わることをしていると

 

いろんな方と深い話をする機会があり

 

自分自身についても、いつも向き合っている生活です。

 

 

そうしていると日々気持ちは変化していることに気が付いたり

 

新しい自分を発見したりもします。

 

 

私ってこんなこと気にしてたのか、とか

 

こんなことを自分に課していた(ブロックしていた)のか、とか・・・

 

 

 

自分を知る機会があることはとても恵まれていると思います。

 

以前に比べて

 

明らかに気持ちが楽に生きられるようになっていますから。

 

 

 

 

方法にこだわる必要はありませんが

 

自分を客観視することのできるものに出会えたら

 

悩んでいることの多くは変化していくように思います。

 

 

 

 

私の体調も完全復活。

 

心のもやもやも一区切りついたので

 

もし同じようなことを感じている方がいたら

 

シェアしてみたいなと思い、記事にしました。

 

 

 

さて、今日の東京は雪が降ったりして寒いですが

 

お気に入りのコーヒーカップに丁寧にドリップしたコーヒー入れてみました。

 

自宅にいても元気に仕事していきますっ音符

 

 

こちらは、大学時代の家庭教師先で、お誕生日にいただいたカップ。

今でもお気に入りで大切に使わせていただいています!

あの当時は小学生の女の子、今頃どうしているのかな・・・。

二度目のお伊勢参り

ひと月空いてしまいましたが・・・前回の旅行記はなんと続きますエヘ

 

 

京都の次に訪れたのは

 

人生二度目の伊勢神宮wa-i*

 

暗くなってから到着したのでチェックインだけ済ませて

 

伊勢市駅近くで予約していた「向井酒の店」へ。

 

 

 

前回は、予約なしでも大丈夫だろうと思ってなめておりまして

 

どこのお店も満席・満席・予約いっぱい。

 

もしかして晩御飯抜きなんじゃないかという寂しい思いをしましたので

 

今年はなんとホテル予約とほぼ同時にお店を予約 え!!! (←本当に、私の食欲ってすごい)

 

 

とてもアットホームな店で地元の方がたくさん来店する、、、

 

と聞いていたのですが

 

ご家族の皆さんでやっているのかな??

 

あたたくて落ち着く、大好きな雰囲気でした。

 

 

そして何を食べてもとにかく美味しい!!!

 

        

 

昨年の寂しさを吹き飛ばす勢いで美味しくいただきました!

 

(本当はもっともっと食べているのは内緒)

 

 

次回伊勢に行く機会があれば

 

きっとまた伺うと思いますWハート

 

旦那様と2人きりでは年内最後を締めくくる、、

 

楽しいおいしい打ち上げパーティーとなりました。

 

本当にご馳走様でした!!!

 

 

 

 

 

翌朝。

 

12月の激務から二人とも相当疲れていたので

 

少しゆっくり休もうかと思っていたはずなのに

 

二人そろってまだ暗いうちに目が覚めてしまいました。

 

せっかくだから早朝にご参拝!という思いが強すぎる笑

 

 

 

まずは伊勢市駅前の外宮へ歩いて向かいます。

 

朝早すぎて、大晦日なのにこんなに人がいません。

 

空気が凛としていてとても気持ちのいい時間。

 

 

  

 

 

外宮を出るころには、予定より早く雨が降り出しました。

 

ちょうどやってきた内宮へバスに乗り、移動します。

 

 

  

 

雨が降ってきたことで

 

さらに空気が浄化されている感じがしまして

 

これもまたいいなぁ・・・と。

 

 

 

2回目の伊勢神宮なので

 

旅行気分で撮影したりというよりも、

 

この場に「いる」ことをじっくり味わってみました。

 

 

 

そして今回の目的は、昨年の「お礼参り」でしたので。

 

 

見守り導いてくださったことへの感謝の思いと

 

これからの自分に対する決意も込めて

 

お参りさせていただきました。

 

 

 

内宮を出るころには雨があがり、

 

やはりこちらにもお礼参りをしなくては!!!

 

 

ということで猿田彦神社へ。

 

(なぜ猿田彦神社?という方はこちらの記事へ

 

 

  

 

古殿地では昨年とは違う場所に願いを込めてみました。

 

 

 

 

とにかくお礼参りに行きたい!という思いから始まった

 

年末の旅。

 

これでようやく気持ちがすっきりしました。

 

 

この後、おかげ横丁・おはらい町で

 

昨年美味しかった記憶を辿りながら・・・

 

    

 

    

                            ↑またお団子こんなに食べてる・・・どんだけ好きなの顔

 

 

お店限定の「しぼりたて生原酒」は

 

お土産販売をしていないので一年ぶりの再会。

 

今年もやはりおかわり顔・にんまり笑

 

 

 

さて、これだけ楽しい時間を過ごした後は

 

岐阜へ帰省。

 

 

東京→京都→伊勢→岐阜→東京まで

 

まだまだ年末年始は続きますが

 

旅の記録はここまでと致します!

 

 

今年もあっという間に節分を向かえ

 

いよいよ新しいサイクルへ入るという感じになってきました。

 

 

大きなものを手放した先にはいったい何がやってくるのか。

 

ワクワク楽しみにしながら

 

一日を大切に過ごしていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年スタートですね

あけましておめでとうございます。

 

2018年が皆様にとって

 

あたたかくてまあるい年になりますように!!!

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

さて、年末に仕事を終わらせてそのまま

 

京都~伊勢神宮~岐阜帰省とまわってきました。

 

 

 

今日は、京都旅行を記録もかねてご紹介しますね。

 

 

高校生の修学旅行で京都へ行った時、

 

自由行動があったのですが

 

他のグループのみんなが嵐山で湯豆腐を食べてきた!

 

という話がずーっと心に残っておりまして・・・。

 

そのうらやましさを○十年覚えてるってすごいでしょう??

 

 

というわけで、いろいろ調べて行ってきました!

 

嵐山「竹むら」さん。

 

 

田舎のおうちに来たみたいなほっとする空間でした。

 

 

冷たいお水で冷やした森嘉豆腐を

 

 

1つずつお鍋に入れて待つこと数分。


 

お豆腐がぐらぐらっとしたら食べごろWハート

 

今までは食べ方からそもそも間違っていたのか・・・と思うほど

 

おいしい!!

 

 

     

 

コースになっていたのでこれ以外にも天ぷらとかついていましたが

 

写真を忘れていました・・・しまった

 

でも、とにかく一品ずつがおいしくて、

 

こちらに伺えて本当に良かったです!!

 

 

 

この日は日暮れまで嵐山周辺をのんびり散策してきました。

 

  

 

 

 

 

天龍寺の雲竜図は公開中ではないことが分かっていたので残念でしたが

 

またのお楽しみにとっておくことにしましたにこ

 

その時はまた竹むらさんにも行きたい!

 

 

 

京都市内に戻ってからはすでにお寺などは拝観時間外でしたので

 

夜の京都をぶらぶらしてみることに。

 

 

  あ、本能寺。

 

  引き込まれてつい利き酒をしたり。

 

 小腹を満たしてくれたお好みやさん。

 

 

夜はのんびり日本酒バー。

 

 

 

翌日はお昼過ぎまでの短い時間に

 

お正月準備でお祭りのようにごった返す錦市場と、

 

前からどうしても観てみたかった

 

東寺の立体曼荼羅を。

 

撮影不可なので公式HPをご覧くださいね。

 

うまく言葉にできないのですが

 

とにかく入った瞬間の迫力と、じわじわくる感動が・・・。

 

  五重塔も大きい・・・。

 

 

やはり一泊ではとてもとても物足りない京都。

 

次の機会はもっとゆっくりできたらいいなと思います。

 

 

この後は、人生二度目の伊勢神宮へ

 

昨年のお礼参りです!

 

続く・・・かな?  (←え・・・???)