春休みに兄の葬儀で行って以来、今年2度目の秋田に行ってきました。

 

 

今回はお墓参りと、母方の親族&兄のさまざまなものを整理するという

 

2つの目的がありました。

 

(→父が自分ではできないようなのであせる

 

それらをしながら本当にいろんなことを感じましたが、

 

その個人的思いはしまっておくことにしまして。

 

 

今回は夏の終わりの秋田でふらりと歩いてみた景色をとどめておこうと思います。

 

 

 

私が秋田を出たのは高校を卒業した時。

 

さらに実家も秋田(土崎)→東京→浜松→秋田(以前とは違う街へ)と

 

何度も引っ越していることもあって

 

現在地元に住んでいる(はずの)友人はお互い連絡先も分からなくなっているので

 

いつもは、帰省しても自宅に籠っていることがほとんど。

 

 

ですが、いろんなことを思い出しているこの時期だからか

 

突然1人で懐かしい場所を歩いてみたいという気持ちになったのです。

 

 

まずは飛行機からの景色。

 

 

高校2,3年の2年間、1人で秋田に残って下宿生活をしていた私は

 

夏休みなどの長期休みの時に、飛行機で東京の両親の元へ帰っていました。

 

この景色はその頃のことを思い出すんですよね。

 

(今回は快晴だったので秋田市がとてもきれいに見えました。)

 

 

 

秋田空港や秋田駅はだいぶ変わってしまったけれど・・・。

 

なまはげがお出迎えしてくれます。

 

左が秋田空港で、右が秋田駅。

  

 

秋田出身というと、なまはげはいつも近所にいると思われがちですが

 

未だに本物には会ったことがありません笑い泣きあせる

 

(なまはげは男鹿半島だから!!)

 

 

 

秋田駅前の喫茶店。

 

  

 

どちらも高校生の頃、デートで行きました。懐かしいラブラブ

 

 

秋田駅からすぐの千秋公園のお堀前。

 

(人がいなさ過ぎて笑ってしまう・・・。)

 

お堀は今、蓮でいっぱい!!!

 

  

 

なつかしのババヘラアイスがお堀のすぐ横に出ていたので

 

早速購入してみたら・・・

 

 

あれ、蓮と同じ色でしたニヤリラブラブ

 

子どもの頃、運動会などの行事があると近くにあったり、

 

海の方へ行くとあちこち車道に出ていたりして

 

本当によく食べたんですよ。

 

ババヘラの由来を話すと県外の人は びっくり????って顔しますけど。

 

(気になる方はババヘラを検索してみてくださいドキドキ

 

 

 

懐かしの・・・ではありませんが

 

新しくできていた秋田県立博物館にも立ち寄りました。

 

 

常設展ももちろん素晴らしかったのですが

 

藤代清治さんの展示に鳥肌が立ち、涙がこぼれました・・・。

 

 

そして、2階のカフェがまた素晴らしい。

 

 

しばらくここでコーヒーを飲み、癒されました。

 

 

自分の母校は今どんなふうになっているのかとか

 

住んでいた街のことなども気になったのですが

 

今回は時間切れ。

 

 

次の帰省のお楽しみにとっておくことにします。

 

 

 

空港へ向かう直前、美術館のすぐ隣りにあるビルで見かけた看板に

 

魁新聞が地元のJリーグチームへのメッセージをのせていました。

 

 

 

おめがだ 下向くな!!

 

上向け! 上!

 

上向がねば 何も始まらね!

 

 

・・・だな。

 

と今の自分に向けられた言葉のように感じてしまったのでした。

 

 

 

さて、もうすぐ後期講座も始まります。

 

気持ちを切り替えていかないと!です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼーっと頭を休めているお盆休みに

 

久しぶりに思い出したことがありました。

 

 

 

まだ20代の頃。

 

仕事も忙しく一日中朝から晩まで走り回っていた私は、

 

いろんなことが効率よく進んでいかないことがとても嫌いで。

 

 

母に対しても

 

「どうしてそんな回りくどいことをしているの?」

 

「もっと段取りよくできるよね」

 

と日常の些細なことについてよく指摘していました。

 

 

いつもなら

 

あなたは本当に容量がいいわと

 

と受け入れてくれていた母でしたが、

 

ある日のこと

 

いつもの調子で偉そうなことを言った私に

 

「人の気持ちはそんな風に効率だけで考えれらるものではないのよ」

 

ときっぱりと言い返してきたのです。

 

 

正直、びっくりしました。

 

 

なんだか寂しそうに見えた覚えがあります。

 

もっと人としての心を育ててほしいという母の思いが

 

少ない言葉だけれど

 

少ない言葉だからこそ?

 

ものすごく深く深く、私に刺さりました。。。

 

 

 

私が母にとってよかれと思ってやっていたことは

 

母を傷つけてきたのかもしれない。

 

 

母に対してだけでなく

 

自分なりの正義が周りの人に嫌な思いをさせてきたのかもしれない。

 

 

 

明らかにその言葉がきっかけとなり

 

少しずつ私の言動を客観的に考えてみようとか

 

相手はなぜ今、そうしているのかなと思ってみるように変化が生まれていきました。

 

 

 

そして。

 

時間が経つほどにじわじわと私の中に浸透し

 

大きな意味を持つようになっていったその言葉は

 

今でもこうしてふとした時に思い出されます。

 

 

 

 

母と話すことはできなくなって、すでに15年ほど。

 

お盆のこの時期

 

人生の節目にいる私がこのことを思い出したということは

 

改めて、もう一度自分を見つめ直してねという

 

母からのメッセージなのかもしれません。

 

 

 

周りの人たちに愛されていた母らしい

 

娘に教えたかったとてもとても大切なことは

 

今もちゃんと私の中に残っています。

 

(秋田市・千秋公園のお堀)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かき氷サイダー、青汁ソーダに続き

 

私の夏の定番。

 

 

トマトソーダですドキドキ

 

(→青汁の緑から、赤まで振り切ってみた)

 

 

 

 

いろんなトマトジュースがありますが

 

私はこっくりとした伊藤園「理想のトマト」が好き。

 

 

これをレモンフレーバーの炭酸水で割るだけで

 

味は濃厚だけどさっぱりさわやかなトマトソーダになります。

 

ソーダの量が多すぎても

 

シャビシャビになってしまうので

 

そこは加減が必要。(→といっても目分量ですけどあせる

 

 

酸味がもっと欲しい時は

 

レモンも投入。

 

 

焼酎を割ってもおいしいですよ音譜

 

 

 

我が家ではトマトソーダ以外だと

 

カレーやトマトパスタ、トマトスープ、トマト煮込みなどなど

 

ちょっとしたところにトマトピューレ代わりとして投入しています。

 

いろんなレシピを伊藤園さんがご紹介してくださっていますね。

 

これも挑戦してみよう!!

 

 

 

今年は梅雨のうちから気分が落ち気味でしたので

 

こうしたちょっとた気分転換って結構大切だなと。

 

 

 

それにしても

 

あとどのくらい、この暑さが続くんでしょうオカメインコ汗

 

30度ちょっとくらいだと

 

もはや涼しく感じません・・・?

 

 

 

 

 

 

 

何年も前から定期で購入し続けている青汁。

 

忙しかったりするとつい飲み忘れて

 

「たまってるよ」

 

と旦那様に指摘されてしまう私あせる

 

 

 

つい先日も

 

「これからは一日2本ペースでお願い」

 

と言われてしまい

 

そんなの無理・・・えーん

 

 

と思ったのですが

 

ここは何か工夫できないものかと考えてみました。

 

 

そこで考え出されたのは・・・・・・

 

 

 

 

これ、ただの青汁じゃないのです。

 

青汁+レモンフレーバー炭酸水!!!

 

 

 

氷をグラス一杯入れて青汁粉末を入れ、炭酸水を注ぐと

 

まるでメロンソーダのような泡が立ちます(笑)

 

 

その泡が収まったらマドラーでかき回して出来上がり。

 

 

恐る恐る飲んでみたら

 

あら、おいしーんでないの!?

 

 

 

すっかりハマってしまいました。

 

 

 

食事やお菓子と一緒にお茶の代わりに。

 

食欲がない朝に。

 

お風呂上りに。

 

 

ご自宅に青汁がある方は是非お試しください。

 

 

ちなみに我が家は

 

世田谷自然食品さんの「乳酸菌が入った青汁」

 

を愛飲しております。

 

青くささがなくて、普通のお茶としていただけますよラブラブ

 

(マワシモノではありません。ただの消費者です 笑)

昨日で前期講座が終了し

 

いろんなワークショップやアトリエは続いてはいるものの

 

なんとなく今日からは夏休みモードに入ります。

 

 

それにしてもこの暑さ・・・あせるあせるあせる

 

少しでも回避すべく、

 

懐かしいことをしてみました。

 

 

子どもの頃、母と二人でよく食べていた、夏の思い出レシピ(?)。

 

 

かき氷とサイダー。

 

これが我が家の風物詩。

 

 

まずは蓋をあけて

 

 

 

真ん中を掘ります。

 

 

 

そしてその穴に、サイダーを注ぎ・・・

 

 

 

サイダーがシャーベット状になるのを待って・・・

 

 

 

 

いただくのですラブラブラブラブラブラブ

 

 

 

ピリピリする炭酸の舌触りと、

 

ガリガリ奥歯で噛み砕く氷。

 

 

これを何度も繰り返しながら食べきる!!!

 

あー涼しいっ音譜

 

 

 

バニラアイスが真ん中に入っているかき氷とか

 

いろんなバージョンで食べた思い出。

 

 

大人になった今なら

 

レモン味の炭酸水でもいいですね。

 

 

 

一度食べてしまったら、癖になりますよー ニヤリドキドキ