大切な方に気持ちを伝えていますか?あおいぼくは、仲が良くなる「きっかけ」になると感じています。 | 「命を描く」描く命家、TOH(とう)~うつ病、いじめ、ヘルニア、自殺願望の経験を通してあなたに贈りたい命の言葉~

「命を描く」描く命家、TOH(とう)~うつ病、いじめ、ヘルニア、自殺願望の経験を通してあなたに贈りたい命の言葉~

うつ病、いじめ、自殺願望などで苦しんでいるご本人やご家族にそっと心の支えになれるような「あおいぼく一枚絵本」を使った活動をしています。
僕自身、25歳の時にうつ病に、30歳の時に椎間板ヘルニアになりました。
イラストレーター、絵本作家。2児の父。


テーマ:
こんばんは!

描く命家、TOH(とう)です。

すみません。最近ブログの更新を怠っています・・。
うぅっ元気がない・・・(TдT) 「オラにちからを!」ってドラゴンボールの孫悟空さんみたいに両手を天に伸ばしたい感じです。
本の販売準備や、明日のパーティーの準備など、ありがたいことに忙しくさせていただいていてます。
といっても「仕事として」ブログの更新が出来ていないのは職務怠慢ですね。すみません。


今日は以前お仕事をさせていただいたお話をさせてください。

僕はフェイス・ブックであおいぼくの作品たちを投稿をしています。
ある日、あおいぼくの作品の投稿を見てくれたフェイス・ブックのお友達のお友達からご連絡をいただきました。

「私の誕生日に心配と苦労をかけてしまった両親に何かプレゼントをしたいと思っていますがなかなか良いプレゼントが見当たらず・・・そんな時に大畑さんの作品をフェイスブックで拝見しました。」
と、作品制作のご依頼をいただきました。

彼女にはうつ病になっていた時期がありました。

両親との思い出。
精神的に辛かった時に支えてもらったこと。
大変な思いをしてくれて産んでくれこと。

なかなか自分からは言えない想いを伝えたいです。

そうお話してくださいました。

産んでくれて 育ててくれて


あおいぼく一枚絵本 ~産んでくれて 育ててくれて~

その後彼女からご連絡を頂きました。

直接面と向かって渡すことはできなかったですがお母さんから電話をもらいました。

「こんなに素敵なプレゼントをありがとう。産まれてきてくれてありがとう。」

と言ってくれて、お互い電話越しで泣き合いながら話しをしました。
こんなきっかけを作っていただいて私も両親も感謝の気持ちでいっぱいです。

お話をお聞きして、僕はもらい泣きをしました。


あおいぼくは「きっかけ」です。

大切な人がいつも側にいてくれる事が「あたりまえ」になりすぎて、時間に追われ、忙しい日々にすれ違ってしまい、大切な事を忘れてしまいがちになります。

あなたの側にいてくれる大切な方の、美しさ、あたたかさに気付いてほしい。
そして思いと想いを伝えてほしい。
あなたと大切な人が仲良くなれる「きっかけ」となれたら嬉しいです。

明日は出版記念パーティーです。
《あおいぼく》出版記念パーティーのお知らせ。

沢山の方に支えられてできた「あおいぼく」の絵本。
これからもみなさんが仲良くなれる「きっかけ」になれる存在の本として僕自身の精進と努力をしながら顔晴ります。

ありがとうございます。

ariga10kikakuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス