介護スタッフの協力を得て、3日間にわたって行った勉強会のパートⅡとして行いました。

 

今回は利用者様からの発言が主です。

 

私たちが生活する中で、普段どんなところに手が触れているでしょうか?

 

挙げればキリがありません。

 

 

しかし、飛沫感染だけでなく、感染ルートとして機会が多いのは接触感染!!!

 

蒲郡のフィリピンパブの例がいい例でしょう。

 

 

ボードに書かれているだけでなく、たっくさん挙げて下さいました。

 

 

 

 

普段どれだけのものに触れて人は生活しているのか??

 

それを意識し、手洗いや消毒、触れそうなところを掃除すること!

 

これが、今我々にできる最善の予防策。自分だけのためにマスクを買い占めるのは、愚かなことです。

 

少しでも多くの方にご理解頂けたらと思います。

 

 

注 ボードの可愛い字は介護スタッフのもので、写っている私(施設長)の字ではありません