先日利用者様にも行った勉強会。

 

こちらの資料をもとに実施しました。

 

新型コロナウィルスについてはハッキリとしたことはわかっていないこともあるので、インフルエンザの感染経路ということでの認識です。

 

飛沫感染するということは、同時にあちこちに落ちたり付着した飛沫がついたものを触ることで起こる接触感染が同時にリスクとしてありうることであり、人の生活と動きを考えれば実際には後者の方が多いと考えるのが妥当ではないでしょうか。

 

厚労省・WHOが出している予防策ではおよそこの通りですが、メディアや一般人の認識はズレてしまいます。ズレて認識しやすいのでしょう。

 

一般人の認識はウィルスが空気中を浮遊しているイメージ。なのでマスクが絶対。

 

 

それは空気感染の結核や風疹・麻疹の場合で、しかもその場合でも市販のマスクでは通ってしまいます。

 

 

結局マスクは医療関係者以外は感染した人が飛沫をあちこちにバラまかないためのものなのです。

 

 

マスクよりもとにかく「手洗い」「手に触れるところの拭き取り掃除(除菌できれば尚望ましい)」ですね!!!