こんにちは。

株式会社Aria(アリア)が運営するオンラインショップ向け分割決済、分割払い可能なAria Pay(アリアペイ)でございます。

暑い夏を乗り切るため、いわゆる「精が付く」食べ物を日々の食事に摂り入れる方が多いかと思いますが、私の職場では、夏場に入ってから「エナジードリンク」を嗜む方が増えました。

別の同僚は週初めの出勤前に、会社近くのコンビニで栄養ドリンクを買って飲んでから出勤しているそうです。

本日は、栄養ドリンクとエナジードリンクについてお話ししたいと思います。

日本では元々、テレビCMなどでお茶の間にも広くその存在が浸透したこともあってか、栄養ドリンクが長年親しまれてきました。

一方のエナジードリンクは、2005年に発売した「Red Bull(レッドブル)」が先駆けとされていますが、栄養分のほか水分も補給でき、炭酸を含んでいることから、清涼感も味わえるため、若者を中心に人気です。

どちらも疲れた時や頑張りたい時に飲むことが多いと思いますし、一見すると同じような飲み物の類いかと思いますが、調べてみると中身は全く違います。

まず、リポビタンDをはじめとする栄養ドリンクは、「医薬部外品」に指定されていて、その多くには肝細胞に作用する働きを持つ「タウリン」が含まれています。

一方でエナジードリンクの多くは、「炭酸飲料(清涼飲料水)」として販売されていますが、栄養ドリンクと同じ「合成タウリン」を使うことができないため、代用成分として「アルギニン」が入っています。

このアミノ酸の一種であるアルギニンには、血流改善・成長ホルモンの分泌といった作用がある他、カフェインも含まれているため、「眠気が覚め、疲労回復にも役立つ」と言われています。

現代を生きる私達は色々なストレスを抱え日々生活を送っています。

エナジードリンクは炭酸が含まれていることから、気分を切り替えたい時に役立ちます(私自身もエナジードリンクを飲んだ時には気持ちの切り替えができ、とても助かっています)。

しかし、エナジードリンクは飲み過ぎによる副作用が起きる恐れがあります。

日々の活力を出したい時に適切に摂取すれば悪いものではないと思いますが、栄養ドリンクよりもエナジードリンクには大量の甘味料が使われていたり、砂糖の量が多いなど、摂り過ぎると身体には負担がかかります。

大量に摂取すると、一時的に動悸や不眠、胃痛などを引き起こす可能性があるそうです。

実際、海外ではエナジードリンクを飲み過ぎて死亡するという事例も起こっているようで、こうしたことから、「エナジードリンクは危ない飲み物」という認識をされている方も、一定数います。

何事も摂り過ぎは良くないので、1日に1本ほどに抑え、適切な場面で取り入れることがいいかと思います。

自分の体調が優れないと感じた時などは、飲むのをやめることをおすすめします。

栄養ドリンクやエナジードリンクは、薬局薬店のほか、スーパーやコンビニなどのリアル店舗でも取り扱いがあり、今ではAmazonや楽天などのECサイトでも手軽に購入する事が可能になりました。

アリアペイではすべてのオンラインサイトで、『欲しい商品を今すぐに!』をコンセプトにサービス展開をしております。

一度ご活用してみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社Aria(アリア)
Aria Pay事業部(アリアペイ)
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-12-1 パークウエスト西新宿1101
TEL:03-6258-0063
営業時間:平日9:00-19:00
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━