発達障害の育児に取り入れるだけ!!10分間おうち療育®

発達障害の育児に取り入れるだけ!!10分間おうち療育®

10分間おうち療育
応用行動分析
ABA
療育
小学校の先生
就学
特別支援教育
療育が足りない

これから数年後に待ち受ける小学校入学。


あなたが現在利用している療育機関だけで本当に十分と言えますか?


療育機関の指導員の方は小学校の実情を知らないまま、決められたプログラムで療育を実施しています。

そのため「家庭で日常的にできることを知りたい」とご相談にいらっしゃるママさんが後を絶ちません。
それは、今の療育だけでは不十分だと感じるママさんが多いのです。
かといって、これ以上、療育を増やすのは大変な負担ですし、療育機関も「空き待ち」状態でしょう。


だからこそ、あなたが今すぐ、しかも家庭生活の中のたった10分間ではじめられる療育がここにあります。


200名以上を療育機関と小学校で15年以上指導していた療育プロの私だから、あなたのお子さんの未来を明るく灯す療育を提案できます。




テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

10分間おうち療育®️

開発者の鈴木あづみです。

 

 

 

第4子が生まれて

半年が経ちましたニコニコ

 

 

時が流れるのは

本当に早すぎて驚きですあせる

 

 

 

私のところへ相談に来る

ママさんの多くが

 

 

療育の効果が

わからない

 

 

とおっしゃっています。

 

 

 

実のところ、

私もそういう時があります。

 

 

これは、

子ども自身の成長?

それとも療育の効果??

 

 

そう思いながら

お子さんを指導していることも

実はあるんですよ〜。

 

 

 

でもですね、

そういうわからない時には

決まって理由があるんです。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

できるまでに

時間がかかりすぎている

 

 

 

お子さんが

できるようになるまでに

何ヶ月も時間が

かかっているのなら

 

私としては、

お子さんの成長が

大きいんだと思うんです。

 

 

ただ、それまでに施していた

療育が全く無駄というわけでもなく、

 

その療育があったからこそ

お子さんが成長した今になって

できるようになったと

私としては考えています。

 

 

 

ただですね・・・・

 

 

こういう場合、

私はちょっとだけ反省します。

 

 

 

違う方法があったよね?

 

これを教える前に

もっとできることがあったよね?

 

 

 

そう自分に問いかけています。

 

 

 

それだけ私の

10分間おうち療育は

時間をかけずに

解決できるからなんですキラキラ

 

 

早い人では、

私に相談したその日に

問題解決できている

ママさんもいらっしゃいますベル

 

 

 

その秘密は一体何か??

 

 

7日間の無料メール講座で

それが明かされています。

 

 

 

そして・・・

 

 

毎日のメル_マガでも

あなたの育児にすぐに役立つことを

お届けしていますよ音譜

 

 

 

まずは、

以下のボタンをクリックして、

 

存分に無料で

学んでくださいね!!

 

 

 

 

今日も最後までお読みいただいて

どうもありがとうございました爆  笑

 

 

 

【指導者の方も読んでます下矢印

 

【ママ向けLINE下矢印(毎月プレゼント付き)】


【指導者・支援者向けLINE下矢印

 

【先輩ママたちの声を発信しています】

通信を読みたい方はバナーをクリック下矢印

 


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

10分間おうち療育®️

開発者の鈴木あづみです。

 

 

 

NHKで放送されている

発達障害の放送をこまめに録画して

時間のあるときに観ています。

 

 

発達障害は治るとも

言われていますが・・・

 

 

私はそうは思っていません。

 

 

だからこそ、

生涯に渡る本人と家族への

サポートは欠かせないなと

思っています。

 

 

私にできるサポートは

お子さんの直接指導と

ママさんへの育児サポートです。

 

 

あとは、指導者・支援者向けに

知識を提供することです。

 

 

 

もうすぐ12月になりますが、

12月もオンラインセミナーを

開催いたします。

 

 

その内容は・・・

 

 

小学2年生の

女の子の

ママさん向けの

生理の手当ての教え方

 

 

ですウインク

 

 

もちろん、

小学2年生でなくても

これから教えるという

ママさんには

参加していただきたいです。

 

 

生理の手当ては

生理が来てから教えるのでは

正直遅すぎますあせる

 

 

生理が来てから教えると

誤学習が起こってしまい、

結局のところ

正しく学べるまでに

相当な時間を費やします。

 

 

しかも、誤学習のために

様々なトラブルも

起きてしまいかねませんガーン

 

 

 

そういう意味でも

小学2年生のうちに

身につけておくと

良いのです。

 

 

しかもですよ。

 

 

季節もとっても大事なんです。

 

 

お子さんが家庭にいる時間が長い

 

冬休み

 

こそ教えるチャンスですベル

 

 

 

 

 

 

 

あなたも生理の手当ての教え方を

短時間で学んでみませんか??

 

 

 

 

12月1日からメル_マガで

募集をしますよ〜爆笑

 

 

 

メル_マガへの登録は、

以下のイラストを

クリックしてくださいね下矢印下矢印下矢印

 

 

【指導者の方も読んでます下矢印

 

【ママ向けLINE下矢印(毎月プレゼント付き)】


【指導者・支援者向けLINE下矢印

 

【先輩ママたちの声を発信しています】

通信を読みたい方はバナーをクリック下矢印

 


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

10分間おうち療育®️

開発者の鈴木あづみです。

 

 

11月ももう下旬ですね〜。

 

 

1年って本当に早いです。

 

 

 

ここ最近、指導者の方から

研修会やら

個人レッスンやら

いろいろなお申し込みがあります爆  笑

 

 

発達に心配のあるお子さんへの

アプローチ法を

詳しく学んでいただけるなんて

私もとても嬉しい気持ちでいます。

 

 

特に、教育関係のお仕事を

なさっている方々からの

お申し出が多いので

気持ちが引き締まりますキラキラ

 

 

 

私には「弟子」はいませんが

私のことを「師匠」と呼ぶ

後輩がいます。

 

 

 

後輩は特別支援学校の

教師として日々活躍していますが、

私のような教師には

なかなか巡り合わないそうです。

 

 

それもそのはず。

 

 

先生方って

応用行動分析や

TEACCHプログラムに

触れる機会がごくわずかです。

 

 

そのため、

効果的な指導法にたどり着くまでに

どうしても時間がかかってしまいます笑い泣き

 

 

 

熱心なのは十分分かるのですが、

発達障害のお子さんの

思考の仕方を学ぶことで

問題解決の糸口が見えてくるんですよね。。。

 

 

 

ですから、

まずは、発達障害のお子さんの

思考の仕方を

お伝えしながら

指導者研修を開いていきますラブラブ

 

 

 

 

 

 

【指導者の方も読んでます下矢印

 

【ママ向けLINE下矢印(毎月プレゼント付き)】


【指導者・支援者向けLINE下矢印

 

【先輩ママたちの声を発信しています】

通信を読みたい方はバナーをクリック下矢印

 


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

10分間おうち療育®️

開発者の鈴木あづみです。

 

 

11月17日(土曜日)に放送された

 

「ウワサの保護者会」

 

ご覧になりましたか?

 

 

今日は、そのお話をしますね。

 

 

 

この時のテーマは

 

「発達障害かも・・・どうすれば?」

 

というものでした。

 

 

番組に出演していたママさんは

小学校高学年〜中学生のママさんたち。

 

 

発達障害かも?と思っても

いざ診断となると

行動できなくなってしまう

診断前のママさんたちは

おっしゃっていました。

 

 

 

そして、すでに病院へ

足を運んだママさんたちは

 

障害受容に時間がかかる

 

ともおっしゃっていました。

 

 

 

確かに、医療機関とか

相談機関とか、

そういうところは

ハードルが高いですよね〜。

 

 

私もそう思います。

 

 

ですから、

お子さんにことについて

気軽に相談できる場があれば

ママさんたちの心が

少しでも明るくなるのだと

思っています。

 

 

 

お子さんは困っている。

 

 

でもママさんたちだって

日々葛藤しています。

 

 

 

ネットであれこれ調べても

継続もできないし

情報を選び取る力も

ママ自身で養わなければなりません。

 

 

 

そんなリスクを負うのであれば、

専門家に相談すべきです。

 

 

 

何時間も何日も

スマホやパソコンとにらめっこしていては

解決できるものの解決できなくなります。

 

 

特に、この番組に出演していた

ママさんたちのお子さんは

思春期という大事な時期です。

 

 

10歳を迎えたお子さんとなると、

このまま何も手を打たない状況であれば

二次障害、三次障害に

繋がる可能性もあります。

 

 

 

幼児期の皆さんもですが、

「うちの子、発達障害?」と思ったら

ぜひ行動を起こしてください。

 

 

あなたの勘を信じてくださいね。

 

 

 

【指導者の方も読んでます下矢印

 

【ママ向けLINE下矢印(毎月プレゼント付き)】


【指導者・支援者向けLINE下矢印

 

【先輩ママたちの声を発信しています】

通信を読みたい方はバナーをクリック下矢印

 


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

 

10分間おうち療育®️

開発者の鈴木あづみです。

 

 

最近、指導者の方から

研修の依頼が多くきています!

 

 

講演会などの大勢ではなく、

個人レッスンをご希望なので

私としては

さらにやりがいを感じています。

 

 

私がお伝えすることが

さらにその先に届く幸せ。

 

 

本当に素晴らしいことですキラキラ

 

 

 

お子さんの幼児期に

ABAで療育をしてきた

ママさんの中には、

小学校に入学してから

ABAが学校では使われていないことに

がっかりするママさんがいらっしゃいます。

 

 

そればかりか、

ABAのことを小学校の先生が

全く知らないことに対して

さらに愕然となさるママさんも

いらっしゃいます。

 

 

 

それもそのはず。

 

 

ABAの考え方というのは

ASDのお子さんの考え方を

知る上で大変役に立つからです。

 

 

そして、ABAでの療育は

科学的にその効果が

証明されているのに

学校の先生が知らないとなると

やっぱりがっかりしますよね。

 

 

 

 

実のところ、

特別支援学校の教員でさえ
ABAを知らない先生もいます。

 

 

 

 

ABAが全てではないのですが、

その有効性が証明されているのですから

教員としても知っておく必要が

あるように私は思うのです。

 

 

 

それをお伝えできる立場に

私はいますので、

今、関わりのある方々には

研修会のようにして

指導者向けのABAを

お伝えしているのです。

 

 

 

ABAを知っている指導と

そうでない指導とでは

私としては差が出ると思っています。

 

 

ABAを知ることで

児童生徒の考え方が分かり、

彼らの気持ちに寄り添うことが

できるようになるからです。

 

 

そしてもちろん、

適切な指導や支援にも

必ず結びついてゆくのです。

 

 

 

このブログをお読みの皆さん、

ぜひABA(応用行動分析)を

取り入れてくださいねウインク

 

【指導者の方も読んでます下矢印

 

【ママ向けLINE下矢印(毎月プレゼント付き)】


【指導者・支援者向けLINE下矢印

 

【先輩ママたちの声を発信しています】

通信を読みたい方はバナーをクリック下矢印

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス