こんにちは、翻訳担当のEikoです。
 
4月に入り、デイライトセービングが終了し、オークランドはすっかり秋めいてきました。なんとなく、イースターが終わるとすっかり寒くなるイメージでしたが、今年はまだまだ気持ちのいい、秋晴れの日が続いています。
 
イースターホリデー中の土曜日には、オークランド郊外にあるボタニックガーデンズに行ってきました。それほど混雑はしていませんでしたが、秋のさわやかな天気を楽しむ人々が三々五々に訪れていました。
 
オークランド市が管理するこの公園は、隅々まで手入れが行き届いており、いつでも、季節ごとのお花が咲き乱れています。このピンクの花壇がとてもかわいくて、素敵でした。
 
今回、初めて気づいたこの木には、ピンクのお花がぎっしり咲いていました。何度もこのガーデンに来ていますが、全然気づきませんでした。そういえば、初秋の季節は初めてなのかもしれません。
 
近くで見ると、こんな鮮やかな花でした。愛用している植物の名前を知るアプリ、PlantNetによると、英語名はFloss-silk tree、学名は Ceiba speciosaとのこと。いつもの検索だとよくても80%ぐらいの自信度なのですが、今回は99%だったので、この花が非常に特徴的なのでしょう。このPlantNetというアプリ、知り合いから教えてもらったのですが、写真から植物の名前を判定してくれて、かなり情報が正確なので、重宝しています。
 
そして、なぜFloss-silkと呼ばれるのかというと、冬になると、ふわふわの綿のような実がなるからだそうです。ちなみに日本名は、幹が徳利の形に育つので、トックリキワタというそうです。この綿のような実をぜひ見てみたい! 寒くなると、このガーデンでは、世界的に有名なコレクションを誇るカメリアゾーンに、色とりどりの椿の花が咲き乱れるので、また行ってみようと思います。
 

ランキングにご協力お願いします!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
にほんブログ村

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

大人の方は こちら

中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。