翻訳担当のEikoです。今年最初の投稿です。今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 
さて、昨日まで10日間、私の父と姪が日本から我が家に遊びに来てくれていました。幸い、天気がもったので、クリーブドンのマーケット、ワークワースでの乗馬、ホビトン&ワイトモツアー、シティのスカイタワーなど、盛りだくさんのイベントを楽しむことができました。そしてなにより、家の周りを散歩したり、一緒に食事をして、おしゃべりを楽しんだひとときが大切な思い出です。
 
2人に付き添って、私もホビトンに一緒に行きました。2回目の訪問でしたが、隅々まで丹精に手入れがされていて(ガーデニングスタッフがあちこちで作業をしていました)、とっても楽しめました。それにしても、さすがにどこを撮っても絵になります。
 
その2人の出発2日前に、「そうだ、NZeTAがいるようになったんだった」と思い出しました。昨年10月から制度が変わって、ビザを持っていない日本からのビジターは、事前にNZeTAという手続きを申請する必要があるのです。あわてて、2人のパスポート情報を入手して、私の方でサイトで手続きをしました。やってみると簡単でしたが、検索したら有料の代行サービスサイトがいくつも出てきたりしたので、正規のサイトとやり方(と思います。これで、二人とも無事に入国できました)をご紹介します。

 

まず、ニュージーランド移民局のNZeTAサイトに行って、一番下の「REQUEST AN NZETA」ボタンを押します。

あとはサイトの指示に従って、パスポートの情報を入れて、費用の支払いをするだけです。

 

費用は、上記のウエブサイトから申請する場合は、$12+IVL(観光税)が$35で、合計$47です。

携帯アプリをダウンロードすると、NZeTAの費用が$9とちょっと安くなって、$44です。

クレジットカードかデビットカードで支払いができます。

 

支払い手続きの終了後、数秒で、登録メールアドレスに「NZeTAが発行されました」という趣旨のメールが届きました。

それ以外に特に印刷するものなどはありませんでしたが、大丈夫でした。

 

あー、楽しいお正月でした。体調を崩すことなく、楽しく過ごしてくれた父と姪、そして、一緒に付き合ってくれた夫と娘に心から感謝です。さて、今日からは気を引き締めて、仕事と仕事以外の生活をまた満喫していきたいと思います。

 

それではHave a nice week!

 

ランキングにご協力お願いします。

 

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

大人の方は こちら

中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。