日々、英語と日本語のはざまで漂っている、翻訳担当のEikoです。あっという間に2019年の12分の1が終わろうとしています。早い、早い!

 

さて、皆さんは「meme」という単語をご覧になったことがありますか? 「メメ」ではなく、「ミーム」と発音します。

 

辞書による意味は、「(人間を媒体として増殖する)思想的因子〔生物学者Richard Dawkinsの造語〕」(ランダムハウス英和大辞典)で、1976年に最初に使われたそうです。

 

でも、こういう難しい概念は置いておいて、会話の中で使われる時は、通常、インターネット上でどんどん拡散していく動画や画像、言い回しなどを指します。「これは、a kind of memeなんだけどねー」という感じで使う、ごく普通の単語です。

 

私は、インスタグラムもツイッターもやっていないので、memeにはうといのですが、それでもだらだらとネットを徘徊していると、あっという間に時間がたってしまいます。スマートフォンがなかった時は、いったい何をして時間を過ごしていたのでしょうか? 思い出せません。

 

ちょっと前には、JOMO(ジョーモ)という言葉を見かけました。これは、「Joy of Missing Out」。ネット情報からあえて取り残されるという選択です。この反対の状態を意味するFOMO(フォーモ)、「Fear of Missing Out」、つまり、取り残されることへの恐れが先に生まれていました。

 

ニュージーランドでは、なんと、人口の74%、およそ350万人がソーシャルメディアユーザーとのことです(日本より進んでいる?)(出典:The New Zealand Herald 2018年9月8日Canvas16ページ「THE JOY OF JOMO」)。そろそろいつでも、なんでもオンラインにつながっているのをやめて、「デジタルデトックス」をしましょう、という動きが出てきているようです。まあ、何事にもいい面と悪い面がある、ということでしょう。

 

オークランドは一番過ごしやすい時期を迎えています。これは、先日、友人たちとピクニックをしたCornwall Parkにて。Cornwall Park Cafeでランチを購入して、さわやかな風を受けながら、木陰でのんびり過ごしました。ちょっとした「デジタルデトックス」でした。

 

ランキングにご協力お願いします!

   ↓

 

 

 

ARCのホームページは情報盛りだくさん。

大人の方は こちら

中高生の方は こちら!  体験プログラムもいっぱい載ってます。