家づくりの現場で照明を確認! | 建築家との家創りって?

家づくりの現場で照明を確認!

とある家づくりの現場でのワンシーンです。

 

腰高の壁に仕込んだ、アッパーの間接照明。

きれいですよね!といいたいところですが。

 

実は。

これが完成形ではありません。

 

この間接照明の上面に、乳白のガラスを設置予定です。

棚の代わりに、モノが置けるのもいいのですが、

そのガラスで、この光がもう少し拡散させます。

 

なんとなく、暗く感じた方がいるかもしれませんが、

もちろん、この照明以外に、メイン照明がありますので。

 

就寝前に、明るすぎない雰囲気で、佇んだり、

TVを見たり、読書なんかにもよいかなと思います。

 

昨日、こちらの地方では、雨が結構降っていて、

かなり空が暗かったんですよね。

 

なので、照明の明るさ感を確認したりするには

ちょうどいい機会になりました。

 

こちらは、LDKになります。

気持ちいい吹抜けがあって、開放感は相当なもんです。

 

それと、写真にうまく写っていませんが、

左右に大きな窓が設置されていて、視線が抜けていくので、

開放感は、さらにすごかったりします。

 

こちらの吹抜けの照明は、ダウンライトではなくて、

壁面に取り付けたブラケットライトで確保しています。

 

スポットタイプではなくて、光源が少し拡散するような器具なので、

部屋全体を、ほどよく明るくしてくれています。

 

実際、これだけでも、図面は全然見たりできます。

 

さらに、右に見えている間接照明ですね。

壁面+天井面を照らしているので、その光が拡散して、

こちらも、かなりの明るさ感を演出してくれていました。

 

こういった吹抜けの場合は、いろんなやり方があるので、

専門家に相談しながら、体感しながら、決めていくことが

大事かなと思います。

 

そうそう。

こちらは、玄関先にある、ただいま手洗いですね。

 

お客様のこだわりの一つでもある、信楽焼の手洗い。

納期が危ないかもといわれていましたが、

無事納品されてほっとしています。

 

信楽のブラックと、背面のモザイクタイル。

とてもいい組み合わせですね。

 

お客様。センスいいですよね。

 

 

こちらの家づくり。

来週から、いろいろと検査がスタートします。

 

今月末に、竣工して引き渡しをする予定ですので。

 

完全に仕上がって、クリーニングが完了した姿を

早く見たくてたまりません。

 

楽しみですね。

 

 

さぁ。今日も家づくりを楽しんできます!!!