家の夕景を撮影!自分で(笑) | 建築家との家創りって?

家の夕景を撮影!自分で(笑)

とある家づくりの現場の夕景です。

 

こちらの家。

実は、本日引渡しなんですよね。

 

その前に、夕景の写真を撮影しておきたくて、

一眼のカメラを持っていきました。

 

日が暮れる前に、照明を点灯しておいて、

事前に、いろんなアングルを想定しながら、

撮影しながら、決めておきます。

 

後は、日が暮れるのを待つだけ。

 

夕焼けがすごかったので、オレンジの光が

遅くまで続いていたので、なかなかタイミングが来ず。

 

結構暗くなってきたところで、撮影へ!

 

結果。

とってもいい空の色になりました。

 

ただ、この色合いになるのは、わずか数分。

ということで、決めておいた場所であわてて撮影。

 

何とか希望のアングルで撮影できてよかったです。

 

いつも、プロのカメラマンにお願いするのですが、

意外にも、今までで、夕景は撮ってこず。

 

昨日の朝、夕方の予定が調整できそうだということを

確認しつつ、急に思い立って、自分で撮影となりました。

 

プロの写真まではいきませんが、お客様にも喜んでいただけました。

夜の姿をお見せするのって、初めてでしたから。

 

こちらの家。

いよいよ本日、引き渡しです!!

 

すごく眺望がいいですよね。

 

といいつつ。

眺望よりは、雲の表情が面白いなと。

 

実は、こちらは、とある市の市役所からの眺望。

毎日、こんな見晴らしのいい場所にいられるなんて。

いいなって思いました。

 

実は、土地探しからのお客様がいらして、

こちらの市内の、とある土地を購入しようとしています。

 

どうやら、上下水の関係が、あまり好ましくない様子。

 

その好ましくない状況の再確認と、その対応について

事前に協議をしてきました。

 

道路の上下水本管から、敷地で引き込みためには、

道路を掘削して、本管から敷地まで、引き込み管を

設置する必要があります。

 

それ自体は、申請して、市の指定工事店が工事すればよく、

よくある状況なので、気にしないのですが。。。

 

こちらの土地では、そう簡単にいかない様子。

 

上下水道課にとどまらず、道路課等との関係してくる内容で、

協議調整がなかなかなことで。。

あっち行ったり、こっちいったり。。(役所らしい感じ)

 

ただ、根気よく相談したら、各課とも丁寧に対応してくれました。

 

結果。。

3つの敷地があるのですが、その中の一つの敷地以外は

手を出さない方がよいというところに行き着きました。

 

その旨、取りまとめ、説明と合わせて、お客様にお伝えしました。

 

 

これ。

とても危ない内容でした。

 

やはり、こういった調査や調整、協議は、しっかりと

着実にしないといけないなと痛感しました。

 

さて。この土地。どうなるか。

あとは、お客様の判断になりますね。

 

待つことにしましょう。

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!!