お客様の真意を引き出してカタチに! | 建築家との家創りって?

お客様の真意を引き出してカタチに!

昨日、とある家づくりの敷地の関係で、

市役所へ行ってきました。

 

こちらの敷地。

何でもなさそうなのですが、いくつか協議のポイントがあります。

 

一つは、インフラ。

もともと、資材置き場として使われていたようで、

給排水の引き込みがないんですよね。

 

もちろん、そんなことは、よくあることなんですけど。。

 

周辺状況や道路のことを考えると、もしかしたら、

給排水を引き込むために、余計な費用が掛かってしまうかも。

そんな可能性がありました。

 

その辺をクリアにするため、市役所でしっかり調査して、

確認をしてきました。

 

問題なかったです。

 

もう一つは。

歩道のある道路から敷地へと車を入れる時にある、

乗り入れについて。

 

かなり特殊な状況で設置されているんですよね。

 

そもそも。

既存のままで使っていいのかどうか。

もし新設するのであれば、それが可能なのか。

 

ハッキリしません。

 

計画しだいでは、いろいろ可能性があるので、

事前に協議しておきたいところ。

 

市役所で話していたら、所轄の土木事務所で、

詳細は、協議、確認してほしいということで、

敷地近くの土木事務所へ行って、いろいろ話してきました。

 

思っていたより、柔軟に対応な対応をしてくれるようです。

 

いろいろ気にしていたことも、しっかりと協議できて、

納得できました。

 

当たり前のようですが、大事なところなので、自ら

しっかりと確認、納得するようにしています。

 

大事な大事な家づくりですからね。

 

午後は、とある家づくりの打ち合わせへ。

 

前回、計画案が、ずいぶんとまとまってきたのですが、

一部変更要望があったので、その修正版を提示して

細かなところの詰めをする予定でした。

 

ただ、打ち合わせをスタートしてみたら。。

間取りの大変更のお話になっていました(笑)

 

よほどのことで、ビックリしないのですが、

さすがに、昨日は、ビックリしました。

 

お客様の言葉をうかがいながら、図面にスケッチ書き込みながら、

真意を聞き取りながら、イメージを共有していきます。

 

ここの壁をこうしたい。

そういった表面的な言葉だけを追っていくだけですと、

なかなか思ったところに行き着けません。

 

おっしゃることの、一つ一つに対して、問いかけや確認をしていきます。

それを通して、言葉の奥にある、本質を引き出していくんです。

 

少し抽象的な言い回しなってしまいました(苦笑)

 

 

いずれにしても、お客様が本当にしたいことを、

しっかりと聞き取って、カタチにする。

 

そのために、しっかりとコミュニケーションしていきます。

 

私が考える理想の家づくりは、建築家からの一方的な提案ではなく、

お客様の中にある、理想の暮らしを引き出して、一緒になって

カタチにするものだと思っています。

 

建築家のための家づくりではなく、お客様の家づくりですから。

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!!