お客様らしいグレイッシュな壁が登場! | 建築家との家創りって?

お客様らしいグレイッシュな壁が登場!

グレイッシュな壁。

とてもいい色合い、そして、質感ですね。

 

ニッチの下台のタモ材との相性も抜群です。

 

色合いとしてグレイで、フラットに見えますが、

奥の壁をご覧いただくとわかるかもしれません。

 

そうなんです。

ムラのある質感なんです。

 

天井を同じ色とせず、ピュアな白にしたことで、

グレイッシュな壁が、自立してたっているようです。

うまく強調できているのではないでしょうか。

 

うまくセレクトできれば、こういった上品な印象ですが、

少し違うと、粗野な印象になったりするので、さじ加減が大事。

 

こちらは、とある家づくりの現場です。

昨日、定例の打合せへ行ってきました。

 

工事はとても順調に進んでいて、ちょうど、壁や天井の仕上げが

概ね完了していました。

 

明日からは、スイッチ類や照明器具、衛生器具等の

取付工事がスタートします。

 

急ピッチで、竣工に向けて仕上がっていきます。

 

こちらの家。

お客様が、グレイッシュ+ベージュ系が大好き!

とっても上品な色合いなんですよね。

 

一枚目の画像は、その一つです。

センス感じます。

 

面白かったのは、色を決める際、サンプルを見ながら

決めていくのですが、場所場所で違えたはずの壁紙が、

揃えてみると、よく似た色合いだったり(笑)

 

一緒ではなくて、微妙に色や質感が違いましたが。

 

それだけ、そういった色のトーンが好きだということ。

 

そういった、お客様の趣向をしっかり取り入れながら、

他の素材とのバランスをチェックしながら、色は決めていきます。

 

なので。

出来上がった家は、とってもセンスよく仕上がって、かつ、

お客様らしさでいっぱいなんですよ。

 

私が関わらせていただく家に統一感がないのは、

お客様らしさをとっても大事にしているから。

 

お客様らしさをセンスよくまとめる。

それが私のコーディネートの際の役割です。

 

そうそう。

昨日、こちらの現場で、外構の打合せがありました。

 

現場監督、タイル屋さんと一緒に、タイルの割り付けについて打合せ。

どこを基準にするのかで、割り付けが変わります。

 

タイルが60cm角と大きいので、どうしても、キレイに割り切れません。

そこで、どこに切りものを入れていくのかを比較検討して、決めていきます。

 

大きく3つの組みあわせを検討して、ベストな割り付けで決定しました。

これ。結構大事ですから。

 

ちなみに。

これを意図せずお任せにすると。。。ビックリしますよ。

細かなことなんですが、しっかり決めてくださいね。

 

こちらは、別の家づくりの現場です。

 

とっても大きな平屋の家なんですよね。

駐車場から、玄関までのアプローチが、結構長い。

 

ということで、その間は、しっかりと庇を出していて、

雨に濡れにくいように計画しています。

 

画像は、その庇です。

 

木目柄のサイディングなんですが、ちょうど仕上がっていて、

とてもいい風合いでした。

 

ちなみに。

軒裏にレッドシダーや杉を張るのは、流行りでかっこいいのですが、

経年での変化をしっかり理解した上で採用してくださいね。

 

 

 

いろんな家づくりの現場で工事が進行中。

まもなく竣工する家もあったりして、楽しみですね。

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!