要望や気になったことはしっかりと伝える! | 建築家との家創りって?

要望や気になったことはしっかりと伝える!

にぎやかな感じですよね。

 

こちら。

昨日、お客様と一緒に食べたモーニングセットです。

 

私は食パン+ゆで卵というスタンダードな組み合わせですが、

お客様は、おにぎり+味噌汁+ゆで卵という和風な組みあわせ。

 

何だか、お客様のセットが美味しそうに見えたり。

隣の芝生は青く見えるとは、よく言ったもんです(笑)

 

いろいろと雑談しながら、食事をいただきました。

 

いきなり打合せというよりは、こういった時間を少しでも持てると、

リラックスしながら、打合せへ入っていけるので、大事にしてます。

 

モーニングセットが和風でしたが、こちらのお客様は、

御提案している家が、和をベースにした和モダンな家です。

 

昨日は、以前プレゼンさせていただいたプランをベースにして、

いくつかご要望をいただいてたので、その変更案をお持ちしました。

 

そのプランをもとに、いろいろとお話していきます。

 

気になったところはどうか。

変更した内容について、どう思ったのか。

 

率直な意見をうかがいます。

 

ちなみに。

他の建築家は知りませんが、私はお客様の意見をしっかりと

取り入れながら、家づくりをしていくスタイルなので、

率直な意見は大歓迎です。

 

変に遠慮していただくと、納得しない内容のまま進んでいくので、

いい家づくりにつながらないと思っています。

 

ということで、説明した後に、いろいろ意見をうかがいました。

 

そのご意見に対して、問いかけをして真意をうかがいながら、

こんな変更ができますが、どうですか?

その場合は、こんなことが違ってきますよ。

といった感じで、お話してきました。

 

間取りって、何を優先するのかで、その組み合わせが

違ってきますから。

 

例えば、昨日、お風呂の位置について話題になりました。

 

奥様は、清掃性を考えて、お風呂に窓はなし。

場所も、家の奥の方でいいのでは?というご意見でした。

 

ご主人は、入浴時間をすごく大事にされていて、

しっかりと湯舟につかりながら、リラックスしたいと。

リラックスの一環で、できれば、大きな窓から空をみたい。

そんな意見というか、ご希望でした。

 

ただ、プランはお風呂が、南東角の一等地にあって、

大きくはないのですが、窓は取り付けていました。

 

ご主人の意向には、今の間取りがピッタリ。

お風呂の位置を入れ替えた案にすると、奥様の御意向にピッタリ。

 

どちらも成立はしますし、どちらがいいというわけでもありません。

どうしたいか?が大事なんですよね。

 

ご主人のお風呂へのこだわりをいろいろうかがって、

奥様も納得されて、今の位置でOKとなりました。

 

ご自身の生活スタイルにフィットした間取り。

数ある可能性から、たった一つを探していけますので、

何を優先するのかをしっかりと共有することがオススメです。

 

こちらの家づくり。

次回、設計のご契約をして、正式にスタートです!

楽しみがまた一つ増えました。

感謝です!

 

何だかわかりにくいのですが(笑)

 

こちらは、とある家づくりの現場です。

お客様と待ち合わせて、現地の進捗を確認してきました。

 

二枚目の画像は、捨てコンというコンクリートの上に

描かれた家の基準となる線なんです。

このラインを基準に、基礎をつくりあげていきます。

 

この線を追っていくと、家の外形はわかるんですよね。

 

お客様と現地と図面を見ながら、

ここが玄関ポーチで、廊下で、LDKで。

なんて話しながら、ワイワイとやってきました。

 

敷地をかなり有効に使って、家を計画していることもあって、

基準線を見ただけでも、かなり大きく見えます。

 

基礎を見ると、家が小さく見えるのが普通なんですが

こちらでは、逆のことが起きてました。

 

来週からは、基礎の鉄筋が組まれていきます。

これから、ドンドンとカタチになっていきますね。

 

楽しみです!

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!