キッチン周りにタイルもいいのですが。 | 建築家との家創りって?

キッチン周りにタイルもいいのですが。

白いキッチン。

シンプルですが、清潔感があって、人気はありますね。

 

白といっても、ピュアホワイトなのか、アイボリーなのか、

ツヤがあるのか、マットなのかでずいぶんと違ってきます。

 

シンプルだからこそ、しっかりと丁寧にセレクトしてくださいね。

 

さて。

今日の本題は、キッチン本体ではありません。

 

キッチンが取り付く壁周りには、耐火の目的と、

掃除の関係で、他部分の仕上げと変更することがほとんどです。

 

いつもお客様から、これ素敵!といって拝見させていただく画像では、

きれいなモザイクタイルなんか採用してますね。

 

タイルなので、油汚れなんかが浸透していくこともないですし、

もちろん、火には強いですし、なにせ、見た目がいい。

 

ここまで読むと、タイル推しのようですが(笑)

採用には、条件があります。

 

タイル表面は、ツルツルの仕上げがしてあるので掃除しやすいですが、

やはり、目地がどこまでいっても汚れが付きやすい。

 

その辺は、まめに掃除をしていただければクリアできるかなと思います。

 

いやいや。

それは、ちょっと手間ですとなったら、キッチンパネルになります。

 

キッチンパネルは、割り付けをしっかりすれば、目地はかなり少なくできます。

目地ができても、タイルに比べると掃除はしやすいタイプ。

 

おそらくですが、キッチンをセレクトするために、

ショールームなんかにいくと、キッチンパネルも紹介されます。

 

ちょうど、一枚目の写真がそうですね。

壁紙に馴染ませるため、あえてホワイトにしています。

 

ショールームでご覧になるとわかりますが、

圧倒的に白系統が多くて、濃い色は稀です。

 

だからといって、その中で選ばないといけないのか

というと、違います。

 

こちらはどうですか?

 

ムラのあるブラックの壁面。

全てキッチンパネルなんですよね。

 

こういったムラのある質感は、とても人気あります。

モールテックスのような素材でもよいのですが、

やはり、汚れのふき取りやすさは、キッチンパネルならでは。

(ちなみに。モールテックスは長期で割れるのでご注意ください)

 

このムラ感で大事なのは、マットであることです。

ツヤがあると、印象が違ってしまいますから。

 

ツヤがないからといって、汚れが取れにくいわけでもないので、

キッチンパネルでしたら、どれでもよいですよ。

 

こちらは、モルタルのような質感の

ライトグレーでマットな仕上げ。

 

ムラのあるブラックのキッチンに、とても合っていますよね。

 

見た目もよくて、掃除もしやすい。

いいですよね。

 

 

そうそう。

キッチンパネルは、キッチン等と同じメーカーでセレクトでなく、

アイカ工業のセラールという製品からセレクトがオススメ。

 

単色から石目柄、マットなモルタル柄、木目なんかもあったりします。

 

家づくりのパートナーに

キッチンパネルは、アイカ工業でセレクトしたい!と伝えてください。

 

いろいろ選べますから。

 

キッチンパネルにだって、こだわりましょう!

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!!