ゆったりとした印象の玄関にするには? | 建築家との家創りって?

ゆったりとした印象の玄関にするには?

玄関入った正面って。

いろいろ考えてみるとよいかもしれません。

 

家族が、来客が、家に入ってきたときに、

一番最初に目にするところですから。

 

玄関は、ゆったりとした広さや開放感がほしい。

家の顔になるところだから、見た目よくしたい。

というご要望って、よくうかがいます。

 

特に。

家を建てる前って、賃貸マンションで暮らしている方が多いです。

賃貸マンションの玄関って、どうです?

 

きっと。

80cm角程度で、腰高の小さな下足入があって、

玄関入って正面は、廊下。

といった感じでしょうか。

 

その広さや収納力では、靴が溢れてしまって、

より広さが感じられなくなっていると思います。

 

そういった環境で、暮らしていることもあって、

玄関の窮屈さを解消したいという方が多いんでしょうね。

 

だからといって、

玄関を6帖の広さにする方って、多くないです。

 

そこに、それだけのスペースを割いてしまうと、

その分、LDKや各部屋の広さが確保しにくくなります。

 

それに。

玄関自体で、何かをするという目的がなければ、

広くするのって、勿体ない感じしますから。

 

それだったら、リビングをその分大きくしよう!ということに。

 

なので。

何かルールがあるわけではないのですが、

特に玄関で何かをするということがなければ、

これくらいの広さがいいのでは?という広さってあります。

 

ちなみに。

一枚目の家って、家の大きさって、およそ35坪弱。

3帖ほどの広さになります。

 

画像ご覧になって、どう感じましたか?

これくらいあればいいかなって感じた方もいるのではと思います。

(全員ではないと思いますが)

 

こちらの玄関って、実は部屋の幅はしっかりあるのですが、

背の高い下足入があることで、少し窮屈に見えている方がいるかも。

 

ただし。

正面の壁の半分が、大きな窓になっていて、

視線が奥へと抜けていくようになっているので、

実は、下足入がつくりだしている窮屈さを軽減してくれています。

 

正面がふさがっていたら、おそらく視線は下足入に行きますから。

 

ちなみに。

下足入がなくて、別途シューズクロークを確保していたり、

下足入を腰高にしていたら、今より広く見えていたと思います。

 

 

ゆったりとした玄関を確保したい。

 

もちろん、物理的な広さを確保することも一つの方法です。

 

でも。

他スペースとのバランスを考えた広さを確保しながらも、

いろんな工夫をすることで、広がりや開放感を感じることってできます。

 

特に、玄関の場合は、正面の壁をどうするのかって大事なところ。

 

こちらなんかどうですか?

光庭まで、玄関の一部みたいな広がりありますよね。

 

いろんな工夫をしながら、開放感のある、ゆったりとした雰囲気の

玄関を考えてみてはいかがでしょうか。

 

家づくりのパートナーと相談しながら。

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!!