クローゼットの中に家具を造りつける! | 建築家との家創りって?

クローゼットの中に家具を造りつける!

ウォークインクローゼットっていうと。

 

どちらかというと、収納の延長戦にある印象で、

見た目というよりは、容量を重視する方が多いかもしれません。

 

ただ。

最近は、そうでもなくなってきたように感じます。

 

一枚目の画像のような感じで、きちんと整理整頓されて、

スッキリとした「見せる」クローゼットを求める方が増えています。

 

実は、こういったショップのような収納システムは、

昔からいろいろとあったんです。

 

でも。。。

こういった家具をつくりこむと、コストが相当高くなってしまうため、

候補に挙がっていても、最終的に、取りやめになることが多かったです。

 

でも。

このところ、よく話題に出てくるのは。。。

 

IKEAのPAXというワードローブシリーズでしょうか。

こちらはたまたま、コーナータイプですが、

もちろん、横並びのタイプもセレクトできますね。

 

ある一定の規格にはなっているのですが、

ハンガーパイプを取り付けたり、引き出しにしたり、

固定棚にしたり、割と自由度が高かったりします。

 

それなのに。

家具として、価格は、とんでもなく安かったりするんですよね。

組みあわせ方にもよりますが、下手すると、数万円からスタートですから。

 

実は、一枚目は、とある建材メーカーの家具なんですけど、

同じくらいの作りこみをすると、倍以上はしてしまいます。

 

このコスパもあって、ぜひ取り入れたいと思われるようです。

 

ただ。

PAXを導入するには、少し注意が必要です。

 

一つ目の注意点は、寸法の規格が海外仕様であること。

 

日本の木造の建物って、91cmを基準にしているので、

例えば、1m巾というと、あまり効率的に配置できないケースも。。

 

それと。奥行も、ある一定の規格があります。

例えば、よくあるウォークインクローゼットの幅が1.82mなんですが、

そこに、60cm奥行の家具を両側に入れると、通路が使えなくなります。

 

もし、IKEAのPAXを採用するのであれば、

その規格に合わせて、スペースを確保していくことが必要ですね。

 

それともう一点は。

精度です。

 

国内メーカーの製品は、日本人らしく、精度が結構高めです。

なので、あまり余裕がなくても、しっかりと設置できるのですが。。

 

IKEAは海外製ということもあって、その辺は若干アバウトです。

なので、ちょっとしたズレがあったりすると、入らなくなるかもしれません。

 

設置するスペースには、少し余裕を見ておきましょう。

 

そうそう。

 

ここまでは、クローゼットの中を、家具として造りこむという発想でしたが、

私個人的には、相当なこだわりがなければ、通常通りの、

枕棚+ハンガーパイプがいいと思っています。

 

家具とはいえ、しっかりとつくりこむことになりますので、

そこである程度、制約がでてしまいます。

 

三枚目のように、何もなくて、フリーですと、

コスパのよいチェストやプラスチックの引き出しケースを買ってきて、

置いておけば、量が増えてきたときに、簡単に増やしていけます。

 

家具ですと、そういった自由度がなくなってしまいますよね。

 

造り付けの家具って、スッキリして素敵なんですけど、

将来性を考えながら、採用を検討されるといいかなと思います。


 

IKEAの登場って、とても大きいです。

いいものは取り入れながら、自分らしい収納を構成してみてください。

愉しいですよ。

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しできます!!