キッチン背面壁にらしさを組み込む! | 建築家との家創りって?

キッチン背面壁にらしさを組み込む!

対面キッチンの奥。

背面収納の中にある壁って、リビングからよく見えます。

 

ついついキッチンに目が行ってしまいがちですが、

この背面の壁は、インテリアの印象を左右します。

 

せっかくの場所なので、全体とのバランスを見ながら、

自分の好きを取り入れてみてほしいです。

 

一枚目の事例は、インテリア全体のイメージは、

ミニマルなデザインで、スタイリッシュ。


キッチンは、先日、こちらでもご紹介しましたが、

ピアノ塗装を使ったブラックのキッチン。

 

そのキッチンとケンカせず、馴染みながらも、

キッチンを引き立ててくれる壁として、大きめのタイルを選定。

 

モノトーンにすることで、全体の統一感を出してます。

そして。

キッチンに合わせて、光沢があって深みのある表情で、

比較的フラットに見えるようにセレクトしています。

 

ここに、光沢のないタイルだったら。

細かく分割されたモザイクタイルだったら。

アクセントカラーだったら。

 

なかなか想像できないかもしれませんが、

今の見え方とは、全然違ってきますよ。

 

もちろん。

このタイルが好き!というこだわりがあるのであれば、

それに合わせて、キッチンの色や光沢を調整したり、

周辺の壁とのバランスを考えたりすれば、採用はできますから。

 

せっかくですので。

好きだからといって、いろいろ取り入れすぎて、

チグハグになってしまわないように気を付けましょう。

 

少し別の事例を見てみましょう。

同じブラックでツヤのあるキッチンですけど、

先ほどとは違って、グレージュのタイルにしていますよね。

 

写真の具合で、ベージュが強く表現されていますが、

実際は、もう少しグレー寄りです。

 

お客様との打ち合わせでは、最初、グレーになっていました。

 

ただ。

お客様が、床全面に、ライトグレーで石目のタイルを採用したい

ということになったんですよね。

 

当初セレクトしていた、グレーのタイルを組み合わせたところ、

統一感を通し越して、同化しすぎていて、

せっかくの壁を生かし切れていないと感じました。

 

そこで。

同じグレーでも、ベージュが少し混じった、グレージュを御提案した

ところ、とても気に入られて、このタイルになりました。

 

もう少し大きめでもよかったのですが、この色合いで

光沢のあるタイルが、この大きさのみだったので、

こちらを採用としました。

 

 

こんな風に、キッチン背面の壁がある方。

ご予算にもよりますが、タイルを採用してみてはいかがでしょうか?

全体とのバランスを見ながら、自分の好みを取り入れながら、

納得の仕上がりにしてくださいね。

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!