スタイルに固執せずオープンマインドで! | 建築家との家創りって?

スタイルに固執せずオープンマインドで!

屋根が幾重にも重なっているようなカタチ。

モノトーンで統一されたスタイリッシュな外観デザイン。

 

実は、昨日、近くを通りかかったので、

ふらりと立ち寄ってみたのですが、10年ほど前に竣工した家。

 

当時、かなりユニークなデザインで、独特な存在感を

見せていましたが、それは、今でも健在でした。

 

黒いガルバの外壁なのですが、塗装の劣化はまだまだなくて、

色あせた感じは、まったくありませんでした。

 

最近竣工したといっても、通用するほど、

時代を感じさせないかっこよさがありますね。

 

モダンなデザインとモノトーンな色合いって、

流行に左右されない、普遍的な美しさがあるなって

この事例をみて、改めて確認できました。

 

おそらくですが、さらに10年後に見ても、同じことを思うと思います。

 

竣工当時流行の最先端なデザインだったとしても、

その流行が去ったときに、古びれたデザインだった感じることって

少し寂しい気がします。

 

長きにわたって、独自のかっこよさを保ち続けてくれる。

そんな家であってほしいなって思います。

 

昨日、とある家づくりで採用を検討している、

新しい工法について、話を聞いてきました。

 

アタラシイといっても、怪しげな内容ではなくて、

今まであってもおかしくない内容です。

 

昔、仲良くさせてもらっていた工務店が導入されてる

ということで、リアルなお話聞くのが主目的。

 

こういった、特定の工法や素材なんかもそうですが、

販売元に聞くと、プラスな側面のみになるため、

実際に使っていて、デメリットも知っている方に

話が聞けると、いいですよね。

 

そういった意味では、とっても具体的で、

リアルな話を聞くことができました。

 

聞いてみるもんです。

いろいろと知りたいことがはっきりしました。

 

 

この小さな模型が、その工法の大事な部分を

示していて、おそらく、一般の方にも

直感的に理解できそうでした。

 

いろいろとうかがってみて。

 

 

私が関わらせて頂いているお客様の全てに

フィットする内容ではありませんが、

特定のお客様には、とってもいい内容でした。

 

お客様が求めていることの、おおよそを実現できるかも。

と思いました。

 

お客様のやりたいことを実現するためには、

自分のスタイルに固執せず、オープンマインドで、

いろんなものを取り込むことって大事だなって思います。

 

その経験が、また次のお客様にも生かされていく

ことだってありますから。

 

いつも思うんですけど。

家づくりは、建築家のためにあるのではなく、

お客様のためにあるんだって。

 

その考え方。

大事にしています。

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!