コンセントやスイッチの位置を確認! | 建築家との家創りって?

コンセントやスイッチの位置を確認!

昨日、こちらの家におじゃましてきました。

 

こちらでも、何度かご紹介していますよね。

シーサーが鎮座する家です。

 

その目的は。。

 

昨年末に実施した、一年点検について、

その手直し工事をすることなんです。

 

年末年始は、なかなかスケジュールが合わず。

昨日、やっと予定がかみ合いました。

 

壁紙の補修や、手摺受けの付け替え、

外壁の汚れのふき取り等、いろいろです。

 

それでも、壁紙の補修がメインですね。

 

住み始めてから、一年ほどは、動きのあるので、

壁紙が、切れたり、空いたりがあるので。

 

その辺はしっかりと補修してもらいました。

 

結局。私は、工事のチェックがメインなので、

待ってる間、いろんなお話できて、楽しい時間になってしまいました(笑)

 

午後は、工事中の現場へ。

 

よくご覧いただくと、

柱のあちこちに紙が貼ってありますよね。

 

なんだと思います?

ってイメージできないですよね。

 

実は、昨日現場では、電気プロットの確認だったんです。

電気プロット??って思いますよね。

 

スイッチやコンセント、テレビや電話、

インターネットやインターフォンといった、

電気に関する設備の位置を示したものです。

 

設計段階で、そういった位置図は提示して、

図面上では、しっかりと確認していただいているんです。

 

でも。

実際現場で体感すると、使い勝手に変化が出たりします。

 

その辺を、体感しながら、ひとつずつ確認していくんです。

 

では。

その紙は何か?と思いますよね。

もっと大きくするとこんな感じ。

 

わかりますか?

これ、展開図という、壁を見た図面です。

 

そこに、コンセントやスイッチ等を

書き込んだ紙なんです。

 

そういった図面を、家の各場所すべてに貼っています。

 

その図面を見ながら、平面図を見ながら、

イメージを広げながら、確認してもらってるんです。

 

だって。

この紙がなければ、どこまでが壁で、どこに戸が来るのか

わかりにくいからです。

 

ここでの配置確認をもとに、工事が進んでいくので、

しっかり納得して、決めていただくためです。

 

昨日も、じっくりと、しっかりと確認していただけたようです。

 

こんな風に、

設計だけでなく、工事でも、しっかりとサポートしています。

 

 

さぁ。今日家づくり楽しんできます!!