竣工に向けた調整会議へ! | 建築家との家創りって?

竣工に向けた調整会議へ!

とある家づくりの外観があらわになりました。

インパクトありますよね、

 

まだ、2階の手摺がとりついていませんが、

外観デザインはハッキリわかるようになりましたね。

 

見た目迫力ありますが、実は狭小住宅なんですよ。

 

黒い部分は、ガルバニウム鋼板の外壁です。

真っ黒というよりは、チャコールグレーにしています。

 

それがまた、正解でした。

 

そうそう。

内部はどうかって思いますよね。

 

すっかり仕上がっています。

 

Ⅱ型のキッチンで、個性的な色。

ブラックとフレーとグレイッシュな木目、白の組み合わせ。

 

どちらかというと、モダンでシャープな印象でまとめてます。

 

床の養生が早くなくなってほしいですね。

(じらされてる感じかも(笑))

 

 

昨日は、こちらの現場に、関係者で集まりました。

 

ここまで仕上がってきていて、

竣工、引き渡しが近づいているので、

そこまでの工事の調整と流れ、検査の日程など、

もろもろについて、最終調整をしました。

 

こちらの現場は、凄腕の現場監督が段取りしているので、

遅れも全くなく、順調そのもの。

 

だからといって、任せっきりということでもありません。

 

現場って。

現場管理者(現場監督)と工事監理者(通常設計者)が

しっかり連携して、関わる人に無駄なく動いてもらうことが

大事です。

 

工事監理者が現場のことを、監督に任せすぎても、

バランスがよくありません。

 

自分でいうのもなんですが、私は現場が大好きなので、

一週間に一度は行くんですが、それがよりよいことに

つながっています。

 

あまり現場に行かない工事監理者も多いようですので、

その辺は、しっかりと見極めてくださいね。

 

 

そうそう。

こちらは、先日上棟した家の現場です。

 

建て方の時は、しっかりと見れなかったので、

改めて、現場に行って、空間を確認してきました。

 

この写真からもわかる通り、

何だか面白いカタチしてます。

 

とっても個性的な家になることを

体感して、確信してきました!!

 

 

これから、どう仕上がっていくのか。

楽しみです!

 

 

 

いろんな家づくりが進行中。

毎日楽しくさせていただいて、感謝です。

 

 

さぁ。

今日も家づくり。楽しんできます!!