上品なシーリングライトって? | 建築家との家創りって?

上品なシーリングライトって?

ご覧になって、どう感じますか?

 

折り紙のように重なったヒダが創り出す陰影が

とってもきれいです。

 

部分を見ると、折り紙みたいで、とがってるのですが、

全体でみると、柔らかい曲線を描いているので、

女性らしく、エレガントで、上品です。

 

実はこちら。

少し前に竣工した、マンションのリノベーションで

採用していただいた、シーリングライトなんです。

 

シーリングライト?

 

そうですよ。

あの、シーリングライトなんです。

 

何も言わないと、こんな感じですよね。

もちろん、とっても機能的です。

 

調光(明るさの調整ができる)、調色(オレンジから白へ切り替え可能)

ができて、ワイヤレスリモコンで操作できますので。

 

とくに拘りなければ、こちらで十分ですよね。

量販店にいくと、数千円で売ってますから。

 

主寝室の照明って、就寝前に、天井を見上げるわけなので、

実は、よく目が行きます。

 

就寝直前に、お気に入りの光だったりするのって、

いい気持ちになれそうです。

 

なので。気に入ったデザインがオススメ。

 

こちらのお客様は、エレガントなインテリアなので

それにフィットするという意味では、とてもいいセレクトだったのかな

と思いました。

 

こちらも、ある意味、エレガント。

もちろん、場合によっては素敵です。

 

ただ。

最初に出てきたライトに比べると、

光に深みがありませんね。

 

ライトの外周部に装飾をしているだけです。

 

こちらのお客様の求めてらっしゃる空気感には、

このリングを装飾したものより、最初に出てきた

深みがある方が、フィットしていました。

 

 

実は。

私が想像していた以上の上品さで、ほんとビックリしました。

 

今後も、フィットするお客様がいらしたら、

ご提案していこうと思います。

 

素晴らしいリノベーションに関わらせていただいて

感謝です!

 

 

 

さぁ。

今日も家づくり。楽しんできます!!