Ⅱ型のキッチンっていいの? | 建築家との家創りって?

Ⅱ型のキッチンっていいの?

作業中ということもあって、雑然としてますが。。

とある家づくりの現場です。

 

ビルトインガレージ+玄関周りの外壁が

仕上がってきていました。

 

こちら。

本物の木じゃないですよ。

 

何かって?

セメントを固めた材料で、窯業系サイディングといいます。

 

表面の凹凸感や色ムラなんかは、なかなかの仕上がり。

おそらくですが、素人の方であれば、

見分けはつかないかも。

 

素材自体の仕上がりもよいのですが、

使い方間違えれば、偽物感が丸出しに・・・

 

ちょっとした工夫がしてあるので、おそらくわからないと思います。

 

本物の木は、自然は風合いが魅力なのですが、

色褪せやメンテナンスの必要があるので、

その辺に理解のある方だと採用ができそうです。

 

窯業系のサイディングであれば、15年ほどで一度

塗装をしていただければOKなので、手間は少ないですね。

 

何を大事にするのかを見極めて、採用を検討してくださいね。

 

こちらは別の現場の内部です。

ずいぶんと仕上がってきていました。

 

中央にポツンと立ち上がっている腰壁。

邪魔だなって思いましたか?

 

とんでもない。

とっても大事なものなんですよ。

 

完成すると、こんなイメージに。

そうなんです。

キッチンなんですよ。

 

こちらの家では、いわゆる、Ⅱ型というカタチ。

 

アイランド側は、シンクのみで、

調理器具やレンジフードは背面にあるスタイル。

 

材料を切ってから調理するのに、移動するのが手間

という方もいらっしゃいますが。。

 

調理に集中できるカタチですし、

油等の飛び跳ねを最小限にできるので、いいという方もいます。

 

キッチンのカタチには、いくつか種類がありますので、

自分の調理スタイルをしっかり見極めて、

私らしくて、使いやすい、キッチンをセレクトしてださいね。

 

見た目重視ではだめですよ。

毎日、何度も使うので、機能性をしっかりと押さえてくださいね。

 

また、仕上がってきましたら、こちらでもご紹介しますね。

 

 

さぁ。

今日も家づくり。楽しんできます!!