改修工事では「がらんどう」の時が大事! | 建築家との家創りって?

改修工事では「がらんどう」の時が大事!

「がらんどう」です。

 

改修工事の場合は、解体工事が完了すると、

建物の裸が出てくる、こういったタイミングがあります。

 

完成したきれいな建物も好きなのですが、

スケルトンになった姿も迫力あって、好きです。

 

細かく間仕切りで区切られていたのですが、

解体されて、相当スッキリしました。

 

実は。

私が、現場に行った数時間前まで解体されてたそうです。

 

テナントということもあって、

音の出る解体工事を気兼ねなく進めるのは、

夜の時間帯がベスト。

 

搬出経路も限定されているので、

やはり夜間がいいんですよね。

 

なので。

現場監督は、24時間体制!

それでも、しっかりと打ち合わせはしてきましたよ。

 

 

解体してみてわかることが結構あります。

 

設計図書との違いだったり、

配管や排水の経路や、窓の位置などいろいろです。

 

その辺を念入りに見ながら打ち合わせしてきました。

 

 

明日から盆休みという方も多いと思いますが、

こちらの現場では、工事が進行します。

 

ほんと、関係者には、感謝ですね。

 

そうそう。

現場になる大きな窓からは。。。

 

テレビ塔が、この距離感で見えたりするんですよ。

素敵ですよね。

 

これから楽しみです!

 

 

さぁ。今日も家づくり楽しんできます!!