工事をしっかり監理するためには? | 建築家との家創りって?

工事をしっかり監理するためには?

チラッと見えている黒い建物。

現在工事が進んでいる、とある家の外観なんですよ。

 

2階部分が跳ねだした形になっているのですが、

それが、とてもいい特徴的な外観になっています。

 

そして。

右側の隠されたところ。。

 

それが見えてくると、より一層、表情が出てきて、

ド迫力な外観になる予定です(笑)

 

昨日、こちらの現場にて、定例の打ち合わせがありました。

 

梅雨の前半が、比較的雨が少なかったおかげで、

特に外部の工事が、とても順調に進んでいます。

 

半月ほど前倒しで、週末には、足場が外れて、

外観があらわになります。

 

お客様もこだわりだった、モダンなデザイン。

いよいよお目見えということで、楽しみですね。

 

 

こちらは、2階のバルコニーなんです。

 

入り組んだような形になっていますが、

広い方で、その奥行、1.82mあるんですよ!

 

しかも10m近く、バルコニーが連続してるので、

家族みんなの布団を干しても余りますね(笑)

 

これだけゆったりしたバルコニーでしたら、

ちょっとした椅子を置いたりして、

くつろぐなんていうのもよいなと思ったりしています。

 

天井が木目なので、なんだか落ち着きます。

 

 

現場には、毎週行って、監督とみっちり打ち合わせをしています。

順調に進んでいても、細かなところで、すり合わせがあったりします。

 

なんとなく、当たり前と思われた方も多いかもしれませんが。。

 

私がよく、現場監督から言われること。

 

「(ナイトウ)先生は、現場好きですよね??」

 

何を意味してるのか、わかりますか??

 

実は。

それほど、現場に行かない工事監理者が多いという

ことなんだろうと想像できます。

 

せっかくなので、しっかりと、工事を

監理してもらいたいですよね。

 

 

しっかり工事を監理してもらえるのか。

ご契約される前に、確認してみてくださいね。

 

 

さぁ。

今日も家づくり楽しんできます!!