カタログではなく、できるだけ実物を! | 建築家との家創りって?

カタログではなく、できるだけ実物を!

リズミカルに窓が並んでますね(笑)

 

こちらは、YKKAPのショールームです。

 

お客様とデート??

と思われた方は、このブログをよく読んでいただいる方ですね。

 

残念ですが、デートではありません。

私一人で、行ってきたんです。

 

何しに???

遊びで??

という声が聞こえてきそうです(笑)

 

実は。

私は、ショールームにはよく行きます。

(というか、比較すると相当いくと思います)

 

もちろん。遊びに行ってるわけじゃないですよ。

 

目的は、「実物」を見るためです。

 

 

家づくりのプロセスの中で、お客様と一緒に

何かを決めたとします。

 

その色や素材感、カタチやスケール感等、

覚えているようで、覚えていなかったりします。

 

もちろんですが。

カタログでは、求めてるものは手に入りません。

 

 

たとえば。

色を決めるプロセスだったとして。

 

ここの色と、あそこの色。

しっかりと統一しておかないと、チグハグになってしまうかも。

 

「なんとなく」色があってると思っていても、

実は、似てるようで、微妙に違ったとします。

 

どの微妙な差が、お互いを引き立ててしまい、

中途半端になったりしてしまいます。

 

違うなら、はっきり違えて。

同じなら、しっかりそろえる。

 

これって色決めるときの鉄則なんですよ。

 

やっぱり、カタログではハッキリしません。

なので、実物を見るのが一番です。

 

 

家づくりに、中途半端な意思決定をするなんて

もってのほか!

 

しっかりと、意識して、自信をもってオススメできるよう

そういったひと手間を、とても大事にしています。

 

「まぁ。いっか」

そんな意思決定は、お勧めしません。

 

大事な大事な家づくりですからね。

 

さぁ。

今日も家づくり。楽しんできます!!