本物志向のフローリングって? | 建築家との家創りって?
2019-04-16 07:00:00

本物志向のフローリングって?

テーマ:ブログ

きれいな木目ですよね。

ウォルナットという樹種のフローリングです。

 

濃い目の床によく使われる樹種で、

落ち着いた雰囲気を創り出してくれます。

 

下地に合板は使われていますが、

表面の仕上げ部分は、本物が張ってあるので、

プリントにはない、自然な色合いです。

 

しかも。

このフローリングは、ツヤがないタイプ。

 

今までのフローリングは、どうしても

表面をコーティングして固めるため、

ツヤが出るものがほとんど。

 

無垢フローリングにオイルで仕上げると、

変なツヤがなくて、とてもいい濡れ色になります。

 

こちらの製品は、しっかりとコーティングはしてるのに、

ツヤをなくしたタイプで、見た目も肌触りも

無垢フローリングに近いんです。

 

いいとこどりしたフローリングといえます。

 

しかも。

最近、光触媒で表面をコーティングしてることもあって、

匂いや細菌を除去してくれるそうです。

 

 

最近は、ツヤのないものが多くなってきました。

より本物志向になっている感じですかね。

 

そうそう。

写真は、とある家創りの打ち合わせのワンショット。

 

色を決めていただくプロセスなんですよ。

いろんなサンプルをお持ちして、合わせながら決めていきます。

 

事前に、ショールーム等へ行っていただいてたおかげで、

とてもスムーズに色を決めることができました。

 

ありがたいですね。

 

色合等、いろいろチャレンジな試みもあったりする、こちらの家。

今から仕上がりがたのしみです!

 

さぁ。

今日も家創り。楽しんできます!!

ナイトウタカシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ