敷地を視察しながら、アイデアを考える | 建築家との家創りって?
2019-04-13 07:00:00

敷地を視察しながら、アイデアを考える

テーマ:ブログ

昨日、東海地方は、とてもいい陽気でした。

 

そんな、気持ちのいい陽気の中、

アチコチへドライブ(笑)

 

いやいや。敷地の視察に行ってきました。

 

一枚目の写真は、郊外にある大きな敷地。

伸びやかで、視線が抜けていく感じ。

爽快ですよね。

 

南側に道路があったりするので、

日当たりは申し分ありません。

風通しは、言うまでもないですよね。

 

土地としては、申し分なし。

強いて言えば、地盤補強が必ず必要なので、

それを予算に組み込んでおかないといけない

ということでしょうか。

 

これから計画なので、たのしみです。

 

敷地視察後に、役所へ。

 

敷地にかかる法規制を調査すると同時に、

関係各課と、協議してきました。

 

あまり厳しい規制もないため、

調整もあっという間でした。

 

そうそう。

こちらの庁舎は、近代の巨匠建築家による設計。

 

この時代のデザインは、個人的にとても好きなので、

いろいろとじっくり見てきました(笑)

 

実は、学生時代に見に来たことがあったのですが、

当たり前と、見るポイントも違って、面白かったです。

 

その後、いくつか敷地を視察したのですが、

そのなかでも印象的な敷地。

 

先ほどに比べると、明らかに窮屈な感じですよね(笑)

 

名古屋市内ということもあって、

敷地境界線まで、結構攻めてますね。

 

といっても、お隣さんは、しっかり50cmのクリアランスを

とっているようでした。

 

こちらの敷地。

間口がすごく狭くて、奥に深い。

 

「うなぎの寝床」なんで言われるカタチです。

いわゆる狭小敷地ですね。

 

もちろんですが、普通の発想では、うまくいきません。

とびぬけたアイデアが必要になります。

 

構造もしっかり考えることも大事ですしね。

 

でも。

敷地をいろんな角度から見ていたら、

いろんなアイデアがわいてきました。

 

単発では、ありそうなアイデアたちですが、

組み合わせると、斬新になりそう。

 

でも。

暮らしやすさは、大事にしてますよ。

 

何だか、ワクワクしてきました。

 

 

すごい家になりそうな予感。

私自身、たのしみになりました。

 

毎日、こんな風に楽しませていただいて感謝です。

 

 

 

さぁ。

今日も家創り。楽しんできます!!

ナイトウタカシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ