デザインだけでなく、見えないところもしっかりと | 建築家との家創りって?
2019-01-09 07:00:00

デザインだけでなく、見えないところもしっかりと

テーマ:ブログ

昨日、とある家創りの打ち合わせのため

現場へ行ってきました。

 

現場関係者とじっくり打ち合わせ。

年始だから打ち合わせなさそうですが。。

 

実は、大工さんが、年末いっぱいまで

頑張ってくれていたので、質疑も結構あったようです。

 

設計内容と照合しながら、

いろいろと検討したりしながら、意思決定します。

 

いつも思うのですが。

詳細な図面を書いても、これだけの打ち合わせ内容

があるのですが、建築家のいない現場って。。。

 

大丈夫なのかなってドキドキしますね。

 

それはさておき。

私は、しっかりと打ち合わせして、現場に指示してきました。

 

 

黒のガルバが、ほんとカッコいいですね。

黒というだけでなくて、奥様のお好みで、ラインが細目なんですよね。

 

そのおかげで、よりシャープに見えてきます。

 

漠然と見ていますが。。

ある部分にフォーカスしてみます。

右と左で木目が見える、見えないがありますよね?

 

右側の黒いのが正解です。

(こちらの現場はすでに両方しっかり施工されてます)

 

ガルバの内側に水が入ってこないようにしつつ、

外壁の通気を確保するための特殊な素材があるかないか

なんです。

 

私は、ずっと昔から採用するようにしています。

 

もし左側の状況だと、台風のような吹上りの風があるときに、

ガルバの裏側に水が入ってくる可能性があります。

 

ただし。入ってきても、雨漏りはせず、排出はされるのですが、

それでも入ってきてほしくないですからね。

 

しっかりと安全を確保するようにしています。

 

 

モダンなデザインの場合、こういったところを

しっかりtと配慮しておかないと、庇がない分、

雨に対して安全ではありません。

 

カッコよくても、そういったlことは、

しっかりとするようにしています。

 

 

大事な家ですからね。

 

 

さぁ。

今日も家創り。楽しんできます!!

 

 

ナイトウタカシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス