車いすと暮らす家って? | 建築家との家創りって?
2018-12-03 07:00:00

車いすと暮らす家って?

テーマ:ブログ

昨日は、一日、家創りの打ち合わせでした。

 

午前中打ち合わせさせていただいた家創り。

一部設計を変更したいということで前回伺ったので、

どんな風に変更するのか、資料を準備して伺いました。

 

タイミングとしては、実はギリギリで、

変更をおっしゃった翌日以降に伺っていたら、

お断りしていたくらいです。

 

軽微な変更の場合は、何とかなるのですが、

今回は、床面積が増える内容でしたので、

各種申請や構造計算等は、もう一度必要になります。

 

ただ。

設計段階から気になっていらしたことのようでしたので、

おっしゃっていただいてよかったです。

 

気にされているので、おっしゃらずに、

そのまま工事が進んでしまうと、出来上がったとき、

違和感につながってしまいますので。

 

一旦立ち止まることになるのですが、

納得の家創りにするため、大事な小休止と思います。

 

最後は、納得した変更に着地していただき、

「もう変更はありません!」と宣言していただいたので

これからはすっと進めていけると思います。

 

午後の打ち合わせは、新築ではなくて、

戸建住宅のリノベーションです。

 

ビフォアアフターのように、スケルトンにして

新しく間取を構成する内容になります。

 

現地調査からスタートして、

ご家族と膝をつきあわせながら、

じっくりと打ち合わせをしました。

 

こちらの家。

車いすを使われる方がいらっしゃいます。

 

行き止まりがあるような間取ではいけないですし、

キッチンやお風呂、トイレも、通常ではいけません。

 

その辺は、しっかりと考えながら、

ご家族のご意向も伺いながら、

方針を決めていきました。

 

その中の一つに、床の仕上げがありました。

 

車いすの場合は、柔らかい素材はNGなんです。

クッションフロアや柔らかい木ですと、

よく通るところに轍ができたりしてしまいます。

 

ということで、よく使われるのは、土足でもOKな表面強度のある

ビニル床タイル。

 

それもよいのですが、もう少し肌触りがよいものと

なると、コルクなんかもあります。

 

最終的には、肌さわりや風合い、コストとの

バランスを見ながら決定していくことになります。

 

こちらの家では、ビニル素材になりそうです。

 

今日決めた間取りをもとに、福祉関係の専門家に

ヒアリングしながら、最善のカタチにしていく予定です。

 

素晴らしいリノベーションになるといいなと思います。

 

 

 

いろんな家創りが進行中。

楽しませていただいて感謝です!

 

 

さぁ。

今日も家創り、楽しんできます!!

ナイトウタカシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス