全館空調+換気の採用ポイントって? | 建築家との家創りって?
2018-11-30 07:00:00

全館空調+換気の採用ポイントって?

テーマ:ブログ

昨日、打ち合わせの合間に立ち寄った、和菓子屋で。

 

おはぎ。

きなこおはぎ。

ごまおはぎ。

あやめだんご。

 

チラッと写っていますが、和菓子屋さんのおかみが

一つずつ、手仕事で創り上げているんです。

 

手仕事って、ほんとすごいなと思いました。

ほどよい柔らかさなんですから。

 

家創りも現場では、手仕事の積み重ね。

いろんな人の想いの結晶なんですよね。

 

機械もいいのですが、やはり手仕事にはこだわりたいです。

 

ごちゃごちゃ書き込んでありますが。。

結構大事なことがメモしてあります。

 

こちらの家。

実はとっても大きな家なんですよね。

 

リビングも40帖近くあったりします。

しかも。

眺望がよいので、大きな窓があったり。

吹き抜けで、上下階がつながっていたり。

 

大きな空間だからこそなんですが、

断熱は大前提として、冷暖房設備は、

しっかりと考えておかないといけません。

 

もちろんですが、普通のエアコンでは何ともなりません。

 

そこで。

こちらの家では、大きく二つの方法を検討中です。

 

昨日は、その一つの方法でもある、全館空調+換気の

打ち合わせだったんです。

 

簡単に言うと、大きなエアコンを一台用意して、

そこで作った冷温風を、ダクトという筒を通して、

家の隅々まで、行き渡らせる方法。

 

同じ温度の空気を流し込むので、家全体に温度ムラがなくて

とっても快適になります。

 

冬は少し乾燥気味になりますが、加湿をすれば

ある程度は、解消できます。

 

全館空調+換気をするためのポイントは、

機械室とダクトの経路です。

 

建築の納まりを考えながら、調整をしていくことになります。

その辺、事前に調整しておかないと、大変なことになったりするので。。

 

昨日は、2時間ほどかけて、じっくり検討して

問題点をしっかり解消できました。

 

概ねできそうなので、次は、別の方法へ。

近日中に、別の方法も打ち合わせをする予定です。

 

快適に暮らす。

 

それって、当たり前のようですが、しっかり考えてないと

そうもいかないので、ご注意くださいね。

(家の計画にもよりますが)

 

さぁ。

今日も家創り。楽しんできます!!

ナイトウタカシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス