プレカットって?すんごい大事です!! | 建築家との家創りって?
2018-10-06 07:00:00

プレカットって?すんごい大事です!!

テーマ:ブログ

何だか真面目な感じのショットですよね。

 

それもそのはず。

昨日は、とある家創りのため、プレカットの打ち合わせした。

 

プレカット??

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

プレカット=事前に加工する

という意味合いでしょうか。

 

大工が家を創る。

というと、材料を搬入して、大工道具を使って、

材料を加工して、順次くみ上げていく。

 

家創りの醍醐味なのかもしれません。

 

ひと昔前までは、その光景はさほど珍しくなかったのですが、

今では、ほとんど見かけません。

 

理由は。。

材料の加工は、事前に工場でしてくるからです。

 

現場では、加工された材料をくみ上げるだけなんです。

 

事前に工場で加工する=プレカットする

という意味だったんです。

 

このプレカット。

事前の打ち合わせを間違えてしまうと、

大変なことになります。

 

そうですよね。

材料を搬入したら、組みあがらないとか、

組んだけど、違っているとか。。

 

建て方がストップしてしまいます。

 

なので。

工場の加工前の打ち合わ=プレカット打ち合わせは

とても重要です。

 

昨日は、その打ち合わせなので、慎重で

緊張感のある雰囲気でした。

 

もちろん。

問題なく完了しましたよ。

 

 

この打ち合わせをして、いつも思うことは、

構造計算が大事だということ。

 

しっかりとした計算根拠に基づいた構造図面があるからこそ、

それに倣う形でフレームをチェックすればよいのですが、

構造図がないと、チェックするための資料すらありません。

 

何を根拠に打ち合わせするのか・・・・

 

 

実は。。

構造計算をしない木造の家は、

このプレカット工場の作成する図面だけが手がかりで、

根拠はそれだけなんです!!??

 

構造計算書はありませんよ。

どう思われますか??

 

実は。プレカットに限りません。

構造計算すると、標準的に工事される基礎で

計算上NGになることも結構あります。

 

ベタ基礎だからって、すごいわけじゃないんです。

「計算根拠のある」ベタ基礎は大丈夫ですけどね。

 

 

 

私は、お客様に安心して暮らしていただきたいので、

しっかりとした根拠のある家にしています。

 

その辺は、しっかりと確認してみてくださいね。

 

 

さぁ。

今日も家創り。楽しんできます!!

ナイトウタカシさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス