工事をしっかりとチェックするために! | 建築家との家創りって?
2018-07-05 07:00:00

工事をしっかりとチェックするために!

テーマ:ブログ

昨日は、一日現場でした。

 

あちこちの現場へ移動して、

現場関係者と打ち合わせ。

 

いろんな質問が出てきますので、

それに順番に回答していきます。

 

各工事の職人間の調整は、

基本的に、私ではなくて、現場監督の仕事です。

 

つまり。

概ねは、現場監督との打ち合わせがメインとなります。

 

というのも、

私が職人の方々へ直接回答してしまうと、

現場を管理する監督が把握していないことが

発生するといけませんので。

 

監督が、すべての工程を把握し、

各職人との調整や材料の発注をしていきます。

 

私(工事監理者)は、監督を監理する感じです。

もちろんですが、お客様の代理としてですよ。

 

よくお伝えしますが、

施主の立場に立って、工事全体を監理してくれる

建築家の役割って、ほんと価値が高いと思っています。

(しっかり監理できるだけの経験がないといけませんが)

 

 

 

そうそう。

昨日は、写真の現場で、大事な確認をしました。

 

断熱材の施工状況のチェックです。

 

基本的に全工程をチェックはするのですが、

私の場合は、断熱材の施工は、特にしっかりやります。

 

 

グラスウールって、ネットで検索すると、

とても評判の悪い断熱材。

 

でも、適正に使えば、いい材料なんです。

 

「適正」がポイント。

 

 

実は、工事をする方々でも、

どんな施工が最適なのかを知らない方もいらっしゃいます。

 

よくお付き合いのある会社ですと、

私がチェックする前に、事前に対応してくれているのですが、

お付き合いが浅い会社ですと。。。

 

概ねが、危ない施工になったりしてます。

 

 

危ないと。。。

断熱が欠損していたり、気密がとれてなかったり。

 

快適さに直結しますので。

毎回ですが、しっかりチェックしています。

 

大事な大事な家ですからね。

 

 

 

さぁ。

今日も家創り。楽しんできます!

ナイトウタカシさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス